FC2ブログ
2009 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2009 03
村上春樹エルサレム文学賞受賞スピーチ抄訳
- 2009/02/18(Wed) -
とても、感動しました・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

こんな風にぼくはエルサレムにやって来ました。
小説家として、つまり――嘘の紡ぎ手としてです。

 ただ小説家だけが嘘をつく訳ではありません――
政治家もそうですし(大統領には申し訳ないけれど)――外交官もそうです。
ですが、ほかの人たちと違ったところもあります。
ぼくらの嘘は訴えられることがありません……むしろ誉められさえするのです。
嘘が大きければ、その分誉められさえするのです。

 ぼくらの嘘と彼らの嘘との違いは、ぼくらの嘘が「本当」を明かすことに手を貸すことです。
「本当」を完璧に把握するのは難しい――
だからぼくらは、それをフィクションの領域に移し換えるのです。
ですからまず、ぼくらの嘘のどこに「本当」があるかはっきりさせておく必要があるでしょう。

 今日、ぼくは「本当」を語ります。
ぼくが嘘をつかないのは、一年の内数日だけです。今日はその内の一日です。

 受賞について尋ねられた時、ガザは戦闘状態だと警告されました。
ぼくは自分に問いかけました……イスラエルを訪れることが正しい事かどうか? 
片方に荷担することが?

 少し考えがありました。そこで行くことにしました。
多くの小説家と同じ立場を、ぼくに言われていたこととは反対の立場をとることにした訳です。
小説家としては自然なことでしょう。
小説家は自分の目で見るか、自分の手で触れていないことを信じることが出来ません。
ぼくは見ることを選びました。何も言わないことよりも、話すことを選びました。
 こんな風にぼくは述べに来たのです。

 仮に壁が堅く高く、卵が潰えていようと、たとえどんなに壁が正しく、
どんなに卵が間違っていようと、ぼくは卵の側に立ちます。

 何故でしょう? ぼくらはそれぞれが卵だからです、
ユニークな魂が閉じこめられた、脆弱な卵だからです。
ぼくらはそれぞれ高い壁に直面しています。
高い壁とはすなわち、ぼくらに普段通り個人的には考えさせないよう仕向けている、
システムにほかなりません。

 ひとつだけ、小説を書く時に意識していることがあります、
個々人の神々しいまでのユニークさを描き出すことです。そのユニークさを喜べるように。
そしてまたシステムがぼくらを絡め取ってしまわないように。
だからぼくは――人生についての物語を、愛についての物語を書いています。
人々に笑い泣きしてもらえるように。

 ぼくら人なるものはすべて、個々の、脆弱な卵なのです。
壁に逆らうことなどかないません……それはあまりに高く、陰気で、冷ややかなのですから。
ぬくもりや強さを求めて魂をひとつにする、ぼくらはそうやって壁と戦うよりほかないのです。
決してぼくらを、システムのコントロールに――ぼくらがつくったものに委ねてはなりません。
ほかならぬぼくらが、そのシステムをつくったのですから。

 みなさんに、ぼくの本を読んでくれているイスラエルの人たちに感謝します。
願わくば、ぼくらがなにがしか有意義なものを分かち合えますように。
ぼくがここにいるのは、ほかでもないあなたたちのおかげなのですから。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |