FC2ブログ
2011 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 09
8月1日
- 2011/08/01(Mon) -



今日から8月、夏本番!

そして、東京公演に向けての稽古開始V(^-^)V

今から京都へ行ってきま―す\(^ー^)/
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
実家に行った日のこと
- 2011/08/02(Tue) -
「3LDKのマンションやねん・・・」
寂しそうに姉がそう言っていたから、とても心配していたけれど、
行ってみるとすごい高級マンション
収納も充分あるし、お風呂場もひろーーーい
母の部屋など、前より明るくて広くなっている
しかも室内はリフォーム済みでピッカピカ
前の持ち主さんが売り急いでいたとかで、オープンハウスが始まったその日の午前中に行って、
その場で夫婦で購入を決めたという、超お得物件だったんだとか

「すごーーーい私、前の家よりうんと好き
 しかも前より広くなった感じがするよ
「いや、○○(結婚した長男)の部屋がひとつないねん・・・」
「あっ、そうか・・・すっかり忘れてたわ(笑)いいやん、もう新所帯持ってるねんし」

「立退き料だけでは無理やったから、親子ローン組んだんやけどな・・・」
「でも、よかったよーーー最高にステキな家やんか
 これで安心して歳とっていけるね(笑)」

周りは公園のように木々が植えられ、とても静かで自然の中にいるような落ち着いた環境だ
「よかった・・・ホンマに安心したわ・・・。言うことなしやんか
今では姉も母もすっかり落ち着いて暮らしているようだった。
「立ち退き宣言されてから半年で、3キロも痩せたし、夜も眠れなくてしんどかった・・・」

そうだと思う・・・
持ち家と同じような気持ちで暮らしていたのに、辛かっただろうな・・・
でも、結局は引越ししてよかった、そう心から思っているようだった。
母は、少し寂しいようだが、母には趣味のお寺通いがあるから大丈夫(笑)
散歩をかねて、前のご近所さんに会いに行ってお茶をしたり、
かかりつけのお医者さんも前のところに通っている。
家に引きこもるタイプじゃないのが幸いしているようだった
私にしても、前の家に行くより半分ほどの時間で実家に行ける
母になにかあったとしても、これなら通って世話をするのもとても楽になった

「母の日」のプレゼントをやっと渡す
星の砂の模様の、名前入り特注のお箸。
今日からでも使って、というのに、
「8月の1日から使わせてもらう」そういって喜んでくれた

「お好み焼きするから食べて行けへん」姉からお誘いを受ける。
そっか~、今日は金曜日だから姉は明日はパートが休みで気が楽なんだ・・・
喜んでお受けする

母と姉と私と・・・
かつての家族が3人で、韓国のお酒の「マッコリ」を1杯ずつ飲みながら、
世間話に高じて過ごす時間・・・

穏やかで、思いやりに充ちていて、深い絆をしみじみ感じる時間だった・・・
私たち親子に、姉妹に、こんな幸せな時間が来るなんて、夢にも思わなかった・・・

ありがとう、お母ちゃん・・・
ありがとう、姉ちゃん・・・
私は幸せ者です・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
次回公演のこと。
- 2011/08/03(Wed) -
芝居の稽古がお休みの1週間の間に、去年の公演のDVDを何度か見ていたし、
劇中にでてくる歌・2曲はYouTubeで何度も聴いて、
歌詞はWordに起こしてプリントアウトして持って行っていたしで、
久しぶりに全員でガッツリストレッチをした後、早速2幕目から通し稽古をする。

今度の劇は2幕仕立て。
下地はあるものの、演出家のオリジナルといってもいい作品で、
人生を考えさせてくれる、とても深い内容に仕上がっている・・・
「20代、50代、90代の3つの世代、それぞれの世代が語る、
 生きること、老いること、そして本当の幸せとは・・・
そんな内容・・・
ホントにこの演出家とは、相性がいい・・・
凄くやりがいを感じる・・・

私は2幕目にしか出ないし、台詞の量は前回に比べれば、3分の1にもならない
「しめしめ・・・これならなんとかなりそうだ・・・
そう安堵していたのだが、それでもテンポの早い、活きのいい会話劇なので、
まだまだ台詞を覚えるところまではいかなかった。
昨年の公演から1年近くたっているので、他の人もうろ覚えでの通し稽古を2回。

「次回までにうろ覚えでもいいので、台本を放せるようにしてくださいね
に~っこり笑って演出家はそう言った・・・
演出家にそう言われ、ややプレッシャー・・・
台詞覚えはいいほうだとは思うが、やっぱり一番しんどい作業・・・
頭を空っぽにして、何度も何度も同じ事を繰り返す単調さは、半端なく苦痛・・・
でも、1日でも早く台本を放さないと、芝居にならないと分かっているから、必死・・・

毎日毎日、ひたすら台詞覚えに徹している・・・

ここさえクリアーすれば、どんどん前に進んでいける。
どんどんオリジナルな演技が生まれてくる。
どんどんいい芝居に仕上げていける。

頑張るしかないっしょ
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
必読です!
- 2011/08/04(Thu) -
【琉球新報】世界の信用を失う政府 欺瞞の被ばく比較こそ犯罪

okinawa.jpg


この方の仰るとおりだと思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8・6…
- 2011/08/06(Sat) -



朝、晴れ渡る綺麗な空…

66年前の今日、8時15分、広島に原爆が落とされた…

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
たまにはこんな日もあるさ・・・
- 2011/08/07(Sun) -
お盆休みを控えて仕事に追われているとかで、夫も次男も仕事の日曜日。
朝から熱を出す・・・
37,5℃前後の微熱・・・か・・・
ほかの症状は、今のところ一切なし。
風邪かどうか、今のところ、不明。
それでも体が鉛のように重く、なにをする気力も出ない・・・

仕方ない・・・
医者も休みだし、家族は誰もいないので、これ幸いと1日寝たり起きたり
どこかホッとして休養を決め込んで過ごす
まあ、もう台詞は殆ど覚えたし、買い物はいいや 掃除なんてしなくても死にはしない(笑)
のろのろと洗濯だけ済ませる

驚くほどよく寝る・・・
4時間、2時間、1時間・・・昼寝だけで合計7時間・・・
歳が歳なので まだ公演の疲れが取れていなかったのかもしれないし、
台詞を覚えることに躍起になって過ごした1週間で、最近使わない頭をフル稼働し過ぎ、
まるで赤ん坊のように智慧熱でもだしているのかもしれない・・・
「明日の稽古、行けるかな・・・」それだけが心配だけど・・・

娘の夢ばかり見る・・・
それもろくな夢じゃない・・・
何度も唸され泣きながら目が覚める・・・
夢だと分かっていても胸が張り裂けそうに苦しく、喉元から嗚咽がこみあげてくる
いつも無理やり押さえ込んでいる心配や不安が、一気に噴き出してくるかのようだった・・・
夢を見続けて起きるたびに、気分が重く沈んでいく・・・
どんどん、どんどん落ちていって、夕方にはついに力尽き、
仕方なく起きてみるもまだ具合が悪い

夕飯作りも諦めて、夫に電話をし、スーパーのお惣菜を適当に買ってきてもらう。
夫は天麩羅とそうめん、次男はたっぷり餃子、私は塩焼きそば・・・
でも、結局私はなにも喉を通らなかった・・・

夜、恒例の娘への電話をする・・・
盆休みに家に帰るかもしれないと言う。
悲しい夢ばかり見たので、私は元気がでない・・・
つい、愚痴っぽくなってしまう・・・
早々に電話を切るも、そのあと、また泣いてしまった・・・
私の体の、どこにこんなにも涙が溜まっていたのかと思うほどに・・・

しんどい1日だったなあ・・・
まあ、たまにはこんな日もあるさ・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お盆前に
- 2011/08/08(Mon) -
稽古日。
来週は盆休みで稽古は休み。
だから、と言うわけではないが、今日は外せない。
なのに朝起きても、まだ具合がすぐれない・・・
家族を送り出したあと、再び横になる。
うとうとしていたのだと思う・・・
午前11時、起きてみたがやはり体が重く、手足を動かすのもしんどい・・・
こんな時のために用意してあった、とびっきりの栄養ドリンクを一気に飲み干す
そして再び横になって40分・・・
またうとうとしていたようだが、今度はなんとか起き上がれた
大急ぎで支度をする
それでもいつもより25分も遅くなって家を出たのだが、
乗り換えのたびに申し合わせたかのように、私にとって最高に都合のいい行き先の電車が来て、
結局、いつもよりは遅くはなったが、稽古開始の15分前には着いていた

京都は気温35℃のピーカン猛暑・・・
歩いていると、拭いても拭いても汗が目に入る・・・

午後3時から4時までは第一幕の稽古で、私の出番はないのだが、
芝居の全体像をしっかり感じたかったので、あえて行くことにしたのだ。
さっそくストレッチ。
そして、重宝がられてプロンプターを勤める
プロンプターをすると、一気に芝居が見えてくるからとても好きな役割だ

午後4時から二幕の稽古。
ふたり、お休み。
今度は全体で再びストレッチをする。
毎日家でもやっているので、どんどん体が柔らかくなっていて、
「もうすぐべったり頭が着くんと違う」みんなに茶化される

細ーい人の物を借りるので、入るか心配だった今度の衣装を試着してみると、ぴったり
今度の衣装は真っ白なドレス
このドレスを着て、スカートをなびかせてダンスも踊るのだ・・・

ステップの練習・・・ワン・ツウ・スリー・フォー、ワン・ツー・スリー・フォー・・・
どんどんその気になってくる・・・
「よーーーし思いっきり色っぽく踊ってやろう~
私の中のいたずら心が目を覚ます(笑)

通し稽古。
お休みしている女優の役を、男優が代役になって始めるも、キモクて笑える
必死になって覚えた台詞も、みんなもうろ覚えでかえってホッとした・・・
お休みの間に、今度こそ完璧に覚えてきましょうね、みんな

帰る頃は、気温は少しは下がったが、湿度が70%って・・・凄い・・・
ついにはダウンして、夫に電話をしてみるともう家に帰っているとのことで、
駅まで迎えに来てくれた
父ちゃん、ありがとう

ふう・・・
やっと少し、休息がとれるのかもしれません・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
妻とか母とか・・・
- 2011/08/10(Wed) -
パソコンも見ないような、のんびりとした日々を過ごしている・・・
そんなのんびりとした日々に、突然、携帯に膨大な量のスパムくるようになった
しばらくサイレントモードで様子を見ていたが、どんどんエスカレートしていって、
1日に200件近く来るようになりとうとう今日、
PCからのメールは一切シャットアウトした。
もしご迷惑をかける方がいたらごめんなさい・・・

昼間は、たまたまTBSチャンネルでやっていた、向田邦子終戦特別企画
「いつか見た青い空」「言うなかれ、君よ別れを」「蛍の宿」「昭和のいのち」や、
去年もやっていた昼の連続ドラマ、「明日の光をつかめ2」を、
毎日、楽しみに見たりしている

早々に家事をすませると、早めにお風呂に入り、ひとり晩ご飯
夜はたいしてすることもなく、家族の帰りを待ちながら居眠り・・・

ついつい考えてしまうのは娘のことばかり・・・
見る夢も、娘の悪い夢ばかり・・・
お盆の13・14日に帰ってくるというのだが、嬉しいよりもなぜか気持ちが重い・・・
どう対応したらいいのか分からなくなっている。
ここ3年ばかりの、辛い出来事ばかり思い出してしまって、悲しくなって泣いたり、
やたらと緊張してしまったり・・・
ついでに、胃が痛くなって、毎日胃薬のお世話になっている・・・

自分の娘といっても、もう22歳。
知らない大人、のように感じる瞬間さえある。
これからまた、新しい親子関係を築いていかなくてはならないんだろう・・・
夫はまるで子どものように、家のことや経済のこと、
諸々の煩わしい用事は、すべて私と次男にまる投げしていて、
休みの日は、ただただ「退屈だ、退屈だ」とごちるだけで、
そんな夫のご機嫌取りに、気を使うばかりだし・・・
ああ、しんどい・・・
たいへんだなあ・・・

妻も母親も、「卒業」があればいいのになあ・・・
そっかこんな気持ちが所謂「熟年離婚」ってもののきっかけなのかもしれない
いかん、いかん、気をつけよう

明日は娘の部屋を片付けて、掃除をしておこう。
13日から盆休みの夫に頼んで、午前中に車で娘の布団一式を買いに行こう。
疲れているだろう娘を、ナンバまで車で迎えに行ってやろうかしら
食事はリクエストを聞いて、娘の喜ぶものばかり作ってやりたい。

空っぽの娘の部屋・・・
TVも、もう映らない部屋・・・
すべてが過去になってしまった部屋・・・
こんな部屋に帰ってきて、はたして娘はくつろぐことができるのだろうか・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
娘、帰る。
- 2011/08/13(Sat) -
あなたの家族の中に寂しいと感じている人はいませんか。
ちょっとほほえむだけでいいのです。
買い物をしてあげると喜ぶ重い病気の母親もいるでしょう。
家族や隣人身近なところから愛は始まるのです。

・・・・マザーテレサ・・・・

お掃除もできた
お布団も買った

メールで「どんなご馳走がいい」って聞いたら、
「お寿司ーーー」だって・・・(笑)
彼女は年から年中、「お寿司ーーー」ですね(笑)

いつもの100円寿司はやめて、グルメWalkerで調べて、
ちょっと高級っぽいお店を見つけました。
回転寿司 まぐろ家 まる 

我が家は殆ど外食はしないので、
「外で食べようか」って聞いたら、
「わ~い外で食べよ楽しみやわあ~」って、
大喜びで返事が返ってきました。

そうだったよね・・・
ほんのささやかな家族の楽しみも、殆どできなかったよね・・・
大好きなケーキも、店先で恥かしい思いをしながらも、
せめてもの思いで、娘の分をたった1個だけ買ったものでした

さて、これから娘を迎えに行きます。
「7時には、ちゃんとすぐ出かけられるように支度しておくから
そう言ってたけど、また寝ているんじゃないかと思います(笑)
だから、少し早めに迎えに出ます。

緊張して、久しぶりにセニラン2錠、飲んでる母です・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昔の娘と大人の娘
- 2011/08/14(Sun) -
昨夜のごちそう

moblog_97da3272.jpg
私は一番に「まるごと鮑のステーキ」

moblog_8b0e58b4.jpg
「今日は食べたいものなんでもぜーーーんぶ食べよ」って、みんなパクパク

moblog_b903023a.jpg
moblog_a5ad2852.jpg
とっても広ーーーいお店で、なにを食べても美味しかった

お腹いっぱいになって家に帰ると、「話したいこといっぱいあるのに・・・」
そう言いながら、娘はあっという間に眠ってしまいました

娘は、さらにさらに、心身ともに健康になっているようでした
昔の娘の部分と、大人になった娘の部分と、どちらもステキで可愛い娘でした

どこにも恐怖を感じるようなところはなくなっていました
嬉しくて、嬉しくて、なかなか寝つけない母でした・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ピンク色の新しい皮膚
- 2011/08/15(Mon) -
昨夜、10時半過ぎに眠った娘は、朝8時ごろ起きてきました。
ずいぶんたくさん寝たものです
夫は散歩に出かけていないし、次男はまだ寝ているし、で、ふたりで朝ご飯
それが希望を聞くと、な・な・なんと「朝ステーキ」なのですから2度びっくりです(笑)

ふたりでいろんな話をして、長い長い朝食でした。
楽しかったなあ・・・

昼から、娘に何か持たせて帰らせようと思って、私は家の中をうろうろ、キョロキョロ・・・

moblog_17ce1657.jpg
ダンボールに入りきらない・・・

だからと言って、特別に何かを買っておいたわけではないので、中身は支離滅裂・・・
頂き物の缶入り海苔、水出しもできるウーロン茶、スヌーピーのモーニングカップ、
これも頂き物の可愛いミッフィーの模様のお皿3枚、これらは新聞紙に包んでまとめて。
冬に備えてマスク50枚入り、紅茶が好きな娘なのでお徳用紅茶1箱、
なぜか赤いケースに入れた単三乾電池12個(笑)、2個買ってあった「かかと擦り」を1個進呈(笑)、
ところがこれが「あーーー欲しかってん」と大喜び
洗顔石鹸にクレンジング、その上、夕飯用にたっぷり作ったポテトサラダ・・・
娘は娘で、服を少しと何冊もの小説本・・・

夏野菜カレーの夕食をすませ、結局、大荷物になってしまったダンボールや紙袋を持って、
車で家を出たのは午後7時半を過ぎていました。
車中、娘はまた眠っていました
疲れているのかなァ・・・って、ちょっと心配・・・
部屋に着いてからは、すぐに帰りました。
明日は、まだ治りきらない足の怪我の医者へ行かなくてはならないし、銀行にも行くそうです。
なんだかんだと、一人暮らしは雑用に追われます。
それらもいい経験でしょう

無数の切り傷や刺し傷で、血みどろになっていた娘の心が、
美しいピンク色の新しい皮膚に、そっと包まれている・・・
そんな気がして、お腹の底の方から熱いものがこみあげてきて、
私はひとり深夜まで、思い出しては涙ぐんでいました・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
成り合ひ
- 2011/08/17(Wed) -
16日で盆休みが終わり、家の中は静か・・・
昼間、いつものようにひとりの時間を過ごしていると、とてもホッとする
今年は娘が帰ってきたこと以外は、これといってなにもせずに過ごしたのに、
気がつくとやたらと疲れていた(笑)
家族が1日中家にいるということは、私にとっての非日常。
ひとりの時間が日常なんだなあ、としみじみ思う。

17日、朝起きると右目が痛くて目が開けられない
原因不明、まったく思い当たるふしがない・・・
仕方なく、朝から病院へ行くことにした。
精神科でかかっている病院にも眼科があったので、近くて手っ取り早いと思いそこへ行く。
待合室で診察を待っていると、1年半もお世話になった臨床心理士の先生が、ヒョィと顔を覗かせた。
私をご覧になってニコニコされている
「あっ、先生今日は眼科で来たんです」
まだ、減薬は継続中だが、最近は5週間に1度、薬をもらいに行くだけなので、
先生にはなかなかお会いできなかった。
昨年末、感謝の思いをこめて近況報告の長いお手紙を出したのだが、
それ以後のことは何も伝える機会がなかった。

あれーーー先生、両方松葉杖をついている
「先生、どうされたんですか
「いやあ、ちょっと事故に遭って・・・」
「ええーーー大丈夫ですかーーー
「いやあ、たいしたことないので・・・」
照れたようにそう言うと、先生は去っていかれた。

懐かしい・・・そんな思いでいっぱいになった・・・
「そうだ先生に、今回の公演と10月公演のパンフレットを差し上げよう
急にそう思い立った。
封筒に入れて、病院の受付にお願いして渡していただこう・・・
ありがとう先生・・・
私、こんなに元気になって、青春の夢を実現させて、今、最高に楽しんで生きています
そんな思いを伝えたい・・・そう思った。

目のほうは、眼球にごく微かな傷が入っているだけで、目薬をいただくだけの軽いものだった。
「緑内障もないし、よく見えるいい目ですよ」そうお褒めの言葉を頂く
てへっ そんな一言でも、この歳になるとやたら嬉しい(笑)

ウキウキするような気分で家に帰ると、玄関先の私が植えた樹に、なんと蝉の抜け殻が

moblog_1d41a2ea.jpg

7年前、この樹の下の地中に産卵されて、そして今年、飛び立ったのだ・・・
7年前、というと・・・ここに越して来てまだ1年も経たない頃、
30cmにもならないこの樹を、難儀して軒下から掘り起こし植えかえた頃、
そうか、もう君はその頃からここにいたのか・・・
そして、おそらくは今、この世のものじゃあなくなっているのだろうね・・・

小さな小さなあの幼木は、今では2階の私の部屋の窓を追い越さんばかりに大きく生長した
昨年、初めて花が咲き、小粒の葡萄のような紫色の実を鈴生りに実らせた
そこには十数羽の雀たちが集まり、羽を休めては実を啄ばみ、姦しく鳴いている
そして、とうとう君の番がやって来て、無事、思いを遂げて飛び立ったのか・・・
7年という歳月の、自然の成り合ひ・・・
私という人間の、7年の成り合ひ・・・
生きるということは、そういうことだったのかもしれない・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
依存性
- 2011/08/19(Fri) -
長ーーーい稽古のお休みで、すっかりサボっていた台詞覚えと格闘の日々。

moblog_f4e0f603.jpg

「先生、もう拒否反応出て、台本見ただけで吐き気します
前回、そう演出に言ったら、
「ハハハハハ、それは極めて自然な反応ですよ」そう言って笑っておられたけれど、
実際、稽古が殆どなくて、まだ芝居がなにも見えない状態で、
ただひたすら家で台詞を覚えるだけなんて、大変な苦痛です・・・
来週月曜日から稽古が再開されるので、それを首を長ーーーくして待っている
立ち稽古をすると、あっという間に台詞が入ってくるんだから

最近、夫の具合が悪くて、憂鬱な日々を送っている。
盆休み前に腰を痛め、次男の紹介で整形外科へ行ったのだが、
2度目に行った時に、あまりに待たされたて、ついに爆発してしまい、
「患者をバカにするのもいいかげんにしろ
などと怒鳴り散らして帰ってきてしまったのだという・・・
もちろん、医者を紹介した次男はとても怒っていて、
「もうあんな奴、なにも面倒みんし、ほっとけ」と、口も利かない。
それから今度は、その出来事を気に病んだのか、胃が悪くなって食事が摂れない・・・
それも医者に行ったが、なかなか良くならず、食事のメニューに毎日頭を悩ませている

「職場の近くなら通える」というので、ネットで新しく整形外科を探し、
そこへ行くようにしたのだが、初診を終えて帰ってきた夫は、
「背骨もあちこちグネグネ曲がっているらしい」などと恐ろしいことを言う。
「前の医者はそんなこと言ってなかったでしょ
 もういい。私が直接先生に電話して診察結果を聞くから」
嫌がる夫を押し切って電話を入れ、医者から直接話を聞いた。
「いやあ、年齢的に言っても自然現象ですから。殆どの方と同じような状態ですよ」とのこと。
「先生はそう仰っているのに、どうして重病のように言って心配させるの
さすがに私も腹に据えかね、つい声を荒げてしまった・・・

なにか、私へのべったり依存が、また始まっているように思う。
赤ちゃんのように甘やかされたくて仕方ないのだろう・・・
もう勘弁して欲しい・・・
もうその手には、2度と乗らない。

淡々と、冷静に、そんな夫が自ら気づくまで、ただ静観するしかないだろう・・・
ハアーーー、憂鬱・・・
アルコール依存に陥った夫の根底にある依存性の強さは、あまりに闇が深い・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
曇り空
- 2011/08/22(Mon) -



いつ雨が降り出してもおかしくない空…

ムシムシとしていますf^_^;

さて、一路京都へ(^_^)v

やっと稽古が始まりま~す♪
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うわあ―――(>_<)
- 2011/08/23(Tue) -
パソコン、壊れたかもしれん…(T_T)

私がアホしてしもた…(;_;)

アホすぎて、恥ずかしすぎて、よう言わんし…(;_;)(;_;)(;_;)
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ありがたや、ありがたや・・・
- 2011/08/25(Thu) -
パソコン回復
東京に住んでいる長男は、もう20年以上、PC関係の仕事をしていて、
とりあえず、長男と次男が、長ーーーい携帯のやり取りをして、
長男の指示を次男が実行、そんなことを繰り返しているうちに、無事回復したというわけ
私はおっかなびっくりなので、1階に避難していたのだけれど、
「母ちゃん、治ったで
次男にそう声をかけられて部屋に戻ってみると、見事、いつもどおりに動いている
「なんか、いろいろしたんやろ
「おお、ドライバーでこじ開けたり、手で引っ張り出したり(笑)」
やっぱり避難していて正解だった・・・
とても私には見ていられない・・・(笑)

なにしろ、たいしたこともなく、こうやってブログを書けているのだから、
何をしていようと、この先どうなろうと、今はめでたしめでたし

私が産んだわけでもないのに、頼もしい長男と次男がついていてくれて、
何かと相談しあっては問題の解決に当たってくれてるなんて、
私はホントに、幸せものです・・・

ふたりが口癖にように私に言ってくれること。
「母ちゃんの仕事はもう終わったんだから、のんびり楽しいことだけしていたらいい。
 俺らがおるんやから、何も心配要らないからな」

ああ、ありがたや、ありがたや・・・(笑)
長生きはしてみるものですなあ~
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
青空\(^ー^)/
- 2011/08/26(Fri) -



すっごい青空\(^ー^)/


芝居の稽古で京都へ~♪


暑いよぉ――f^_^;
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うちは浪速のど根性女?
- 2011/08/27(Sat) -
10月の東京公演の芝居は、バリバリの関西弁でやることになったから、
今日からブログもバリバリ関西弁で書いてみよかと思う(笑)

せやけど、いざ関西弁で、って思ても、これが意外と難しいねん・・・
標準語で台詞を覚えてしもてたから、標準語を関西弁に翻訳してるみたいなことになって、
台詞がスラスラ出でこーへんし、けったいな関西弁になってしまうし、で、
昨日はみんなに大笑いされてしもた・・・

なんでこんなにみんなが大笑いしてるんか全然分からんと、うちがキョトーンとしてたら、
「この前の芝居の時とあまりにもキャラが違いすぎてて~」と、またまた大笑いされたんよ
演出家に「どないしましょう」って聞いたら、
演出家は「今の力の8割でいいかもね」と言って、みんなと一緒に大笑いしてはるし
あーーー、めっちゃ恥かしかったわ

なんか、きれいな関西弁しゃべってはる朗読でも聴いてみやんと、
頭の中がこんがらがってしもて、一番えげつないって言われてる河内弁になりそうやわ

せやけど今回は、役も気楽な立場やし、関西弁に熟女満開の踊りにと、めっちゃ楽しいでーーー
稽古に行ったら嫌なことも悩んでることも、ぜーーーんぶぶっ飛んでいくわ

どうやらうちは、浪速女のどえらいエネルギーがあるみたいやわ
みんなはお上品な京都のお人やから、うちとはひと味もふた味も違うんやなあって、
昨日の稽古で初めて気がついた、というわけ
これを持ち味にして、とことんやったるでーーー
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「日本は深刻さ分かってない」
- 2011/08/29(Mon) -
8月28日の東京新聞/こちら特報部より。

反骨の言語学者・小島剛一氏 チェルノブイリ影響 1300キロ離れても健康被害。
「日本は深刻さ分かってない」 
事故翌年出生の17人が白血病死・・・

genpatu2.jpg

福島第一原発を中心に、半径1300kmの円を描くと、
北海道から九州までの日本列島がすっぽり収まる。
もう誰も逃れることはできない・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日も…
- 2011/08/29(Mon) -



思いっきり暑い…f^_^;

京都へ出発―――\(^ー^)/
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マジ、本気で!
- 2011/08/31(Wed) -
今日で8月も終わり・・・
7月に公演が終わってから、ほとんどボケーッとして過ごしていたような気がする(笑)

次回、東京公演の稽古がすでに始まっているのだが、みんなもボケーッとしているのか、
人の集まりが悪くて、まともに稽古にならない・・・
私は初めて取り組む脚本なので、毎回欠かさず出ているが、休む人が2人3人と必ずいて、
9人が3つの世代に分かれて、アップテンポで複雑に入り組む会話のキャッチボールをする、
第2幕の通し稽古がいまだに中途半端なまま・・・
きっとみなさんは、「去年やったから・・・」「台詞は覚えているから・・・」
そう思っておられるのだと思う。
しかし、演出は劇場にあわせて大きく変えられようとしている。
毎回、毎回、大きな課題を持ち帰り、ひたすら悩む・・・
役がつかめない、芝居の全体像が見えてこない、心と体に大きな違和感を感じたまま・・・
しんどい稽古が続いていて、夢に見るほど悩んでいる・・・
9月の稽古回数は9回に増やされたが、それも全員が揃うかどうか、
「あっ、その日ダメです」の声が相次ぎ、四苦八苦してどうにか予定をあわせたのだが・・・
不安だ・・・
こんな芝居、東京に持っていけない・・・

考えて考えて、どうするか考えて考えて、でも名案は浮ばず、
「よしまずは形から仕切りなおそう」そう決めた。

稽古でも完璧に本番の衣装を身に着ける。
そのための白いタンクトップやロングペチコートも買い揃えた。
なにしろ衣装の生地がとても薄い上に真っ白なので、透け透けなのだ
明日は美容院へ行って役に合わせた髪型に変える。
本番そのものの姿で、一から役作りのやり直しだ。

本気を、出し切るのだ。
それしかない。
自分が本気を出せば、場の空気もきっと変わってくる、そう信じて。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |