FC2ブログ
2011 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 11
無事帰阪
- 2011/10/02(Sun) -
1日夜11時前、無事帰阪。
2日日曜、1日呆けてる・・・(笑)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新しい一歩
- 2011/10/04(Tue) -



朝はあんなに寒かったのに、あったかい
気持ちのいいお天気\(^ー^)/

今からワークショップに行きます!

劇団の支部がうちから1時間ほどのところにできるのです\(^ー^)/

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今度こそ、ホントにやっと、一息・・・
- 2011/10/06(Thu) -
さてさて、そろそろブログを書かなくちゃ
ずいぶんサボっていた気がします(笑)

4日のワークショップの説明会が終わるまで、息をつく暇もなかった感じでした
昨日はやっとホッとしてのんびり1日過ごしました

1日、
東京公演は、ほぼ満足 かな
私たちの劇団は、異質、だったかもしれません。
でも、そんなところが大好きな私です
本番が終わって、上手にはけた途端、号泣したのはこの私です
嬉しかったのか、悲しかったのか(嫌なことがありました・・・)
感激していたのか、悔しかったのか、何も分からないまま泣いていました
今もあの時の気持ちは分からないままです(笑)

公演終了後、新幹線に飛び乗って帰阪しました。
京都駅まで夫が迎えに来てくれるというので、余計に焦って飛び乗りました
劇団の中で、私が一番早かったんじゃないかな
いつも早く寝る夫が迎えに来てくれるというから、遅くなりたくなかったので・・・
それに、翌日の15時に芝居のチケットを予約していたので、それもあって。

2日、
まだ現実にはっきり戻っていないようなフラフラの状態で、
兵庫県まで芝居を観に行きました。
マジ、フラフラでした
でも、最初にワークショップの講師をされる演出家率いる劇団の芝居で、
その先生も久しぶりに出演されるということなので、
なにがなんでも観ておきたかったのです。
凄く前衛的な芝居でした
ただっ広い空間には、舞台も客席もなく、壁際の小さな座布団に座って観劇しました。
役者の言葉も動きもバラバラに分断されていて、解釈不能、
突然に劇は始まって、そしてまた突然終わった・・・そんな感じ。
嫌いじゃありません、こんなの
この演出家のワークショップって、いったいどんなことをするんだろう
期待で胸が膨らみます

そして、4日、
待望のワークショップ説明会。
今私が所属している劇団の支部が、なんとなんと、うちからバスを1回乗り換えるだけで、
1時間もかからずに行けるところに、新たに出来るのです

なんということでしょう(ビフォー・アフター風)
こんなにラッキーでいいのでしょうか

劇団の稽古に通うだけで、交通費もバカになりません。
ワークショップはいろいろやっているけれど、とてもそこまでは・・・と、
諦めていたのですが、ここなら通えます
で、早速説明会で申し込み、11日から約4ヶ月間、2ヶ月ずつをふたりの講師のもとで、
週1回、芝居の勉強をさせてもらえることになりました

もうひとりの講師の演出家の芝居は、今月28日に観に行きます
こちらも新進の有能な若い演出家です。
もうもう、ワクワクが爆走中ーーー
人生、こんなに楽しくていいのでしょうか・・・ そんな気分です・・・(笑)


3週間、劇団での稽古はお休みです。
24日から、次の芝居に向けて始動します

少ーし、のんびりできます。
だって、しばらくはもう、毎日台詞の心配しなくていいんだもの・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
開放感浸り・・・
- 2011/10/07(Fri) -
あ~、のんびりするわ~


moblog_0a41057f.jpg
思い切りくつろぐみーちゃの姿は、今の私の象徴か・・・(笑)

つなげてみると・・・こんな感じ 
moblog_7e58242f.jpg
もう少しで大の字、です・・・

こーーーんな開放感、今まで味わったことないって日々をおくっています・・・
そんなにしんどいのなら、芝居なんかやらなきゃいいのにって思われるでしょうが、
あんなに集中して緊張して必死で生きたあとだからこそ、の開放感なのでしょう。

今週だけですから・・・なーーーんにも無いのは。
ゴロニャンしていたいです、ミイヤとみーちゃと一緒に

ちなみに、ミイヤはすごい写真嫌いで、携帯を向けるとすぐに立ち去ってしまうのです
いつも失敗作ばかりで、最近全然ミイヤの写真アップしていませんが、
ミイヤも元気ですよーーー
みーちゃにじゃれつかれるのが大の苦手で、みーちゃが1階に降りてくると、
ささっと姿を消します。
どこに隠れているかは、私とミイヤのひ・み・つです
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
のんびり、続行中。
- 2011/10/09(Sun) -
すっきりとした秋晴れのいいお天気



土曜日、
のんびりにも飽きてきて、
「そうだ母にプレゼント渡しに実家へ行こう
そう思って、さっそく電話を入れてみる
「連休で○○(長男)夫婦が帰ってきてるし・・・」とは姉。
「お寺に3日間泊まりで行ってるねん・・・」とは母。

みんな忙しいんだ・・・

日曜日、
「そうだ娘には1日くらいなら会えるかも
そう思って、再びそわそわメールをしてみる
すぐに返信があって、
「この連休は仕事もあるし(もう働いている)14日くらいから連休とるつもり」とか。

みんな忙しいんだ・・・
やや寂しくなる・・・
秋ですな~ぁ・・・(笑)
でも、自分だって、ついこの間まで息つく暇もないほど忙しくて、
人のことになんかかまってられなかったんだから、お互い様だ(笑)

誰かに会いたい気持ちはさておいて、散歩に行く

花、咲いていますね~
moblog_405ef2b9.jpg

moblog_ffb4afe9.jpg

ほらほら、さすが「要注意外来生物」に指定されるだけのことはある
バッサリ切ったうちのトウネズミモチ、もう新芽を出しているよ
moblog_6cec13a3.jpg

こ~んなにちっちゃいのが、こ~んなところからも
moblog_7d9d408d.jpg

「ふふふふふ・・・」と、密かにほくそ笑む・・・
今度は前のように、どんどん伸びることを楽しみにするのじゃなくて、
丁寧に剪定しながら、そ~っと育てよう。
もう2度と伐採令が出ないように・・・

秋日和の日差しを体いっぱいに受けながら、買い物に行き、
夫や次男の好物を作る

あ~、のんびりするわ~
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬支度
- 2011/10/10(Mon) -
月曜日、連休最後の日。
今回は、夫も次男も珍しく暦どおり日・月とおやすみ

せっかくなのに、申し訳ないような気がしないでもなかったけれど・・・
冬支度に、一肌脱いでいただきました

まずは、夏の間中、生長し続けて、蔦がこんもりと山のようになってしまっている、
裏の「よしず」の交換です
夫が生い茂った蔦と壁を覆いつくしている蔓草を、どんどん伐りおとして
古いよしずを撤去すると、粗ゴミに出せる大きさにまで切断してまとめてくれました。
次男は近所のコーナンに新しいよしずを買いに行って、取り付け作業。
すっかりきれいになってご満悦のわ・た・し、は・・・
あれこれ指示を出すだけでしたが・・・

続いて、居間、自室、夫、の各部屋に電気絨毯を設置。
節電の冬こそ、これは欠かせない
って、うちはいつでも節電ですが・・・(笑)
電気絨毯は超低温でしか使いません。
体に差し支えるほど冷え込みさえしなければいいのです

乾燥がひどくなってきているので、居間と私の部屋には加湿器を出しました。
この加湿器、25Wというおりこうさんです
W数の低い加湿器を探すのにずいぶん苦労しました・・・
そうでないともの凄く電気代がかかるのです

掛け布団は出してありましたが、秋晴れの続く昨日今日で、
家族みんなの毛布のお洗濯
すっきり乾いて、ふっくらぬくぬくいい香りの毛布~
ついでに、2匹の猫ちゃんの冬用のお部屋もお洗濯
これでミイヤもみーちゃも安心

衣替えはそこそこに。
「完全冬版」にするのは、まだもう少しさきのこと。
長袖の下着や衣類、羽織りものがあれば、今しばらくは十分でしょう

さくさく冬支度も終了
夜はあったかお鍋でほっこり過ごしました、とさ 
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ワークショップ初日
- 2011/10/11(Tue) -
楽しみにしていたワークショップ初日
ルンルン気分でバス停へ

思わず花の写真もパチリ
moblog_f881f9d8.jpgmoblog_37e22cbf.jpg

バスを乗り換えて最寄り駅に着き、早いのでご近所をウロウロする。
大きなスーパーがあるけれど、ちょっと覗いてみたらお値段高し
まず、利用することはなさそうです。

稽古場のある劇場の前で演出家とバッタリ出会う。
大きな建物の中、稽古場を探してふたりでウロウロ(笑)
着いてみると、いつもの劇団の事務局の方が2人、受付にいる。
どうやら一番乗りだったようだ。
まあ、いつものことだけど
みんなで先日の演出家の公演作品についてひとしきり話す。
「ちょうど私、360℃客席の舞台に立ちたい、って言っていたところだったので、
 先生の舞台に興味津々でした」とだけ。

動きやすい服に着替えて稽古場へ。
moblog_91022c2b.jpg
京都で稽古場に使っている小劇場より広ーーーい。
床はPタイルなので、冬場は相当冷え込みそう
でも、これだけの場所を借りられたら、なんだって出来そうです

集まってきたのは男性3名、女性9名。
フムフム、いい感じの人数~

やはり内容は今まで経験したことのない、脱力系とでも言おうか、
ストレッチひとつとってみても、グイグイ引き伸ばすという類ではなく、
関節を意識して、自然に力を抜く、回す、曲げる、そんな感じ。
さらに、2人ひと組になってストレッチ。
それも質問者と回答者になってしゃべり続けて繰り返す。
再び、役割を交代して繰り返す。
結構長く・・・

それは次の場面へとつながっていて、続いて同じ2人ひと組でみんなの前に出て、
組んでいたその人、になって、の自己紹介。
長い時間、質問と答えを繰り返してストレッチをしていた時に得た情報で、
その人、になりきって。

「これが舞台に立つ基本です」と演出。

なあ~るほど。
驚くほどみんな自然に、上手に、演じていたではないか
「ハイ、台本です」
な~んて言われて本を渡されると、まず緊張しちゃって、
うまくやろう意識が邪魔しちゃって、ついつい気取っちゃって、
とてもじゃないけど観てらんない、臭い芝居になるのですよね~、我々素人って

その後、時間が少し残っていて、ご指名を受けて前に出て、
「何もしないでただ立っていてください」と言われ、
5分以上、ただ突っ立っていました。
よくできました、とのお褒めをいただき
「沈黙や空白、間を恐れないで下さい」との指導もあった。

男性の演出家、だからか、この人のやり方、なのか、
脱力系でもケジメというか、統率と言うか、指導者って感じで私は心地よかった

京都の劇団は・・・みんながあまりに自由にさせてもらい過ぎていて、
自分の能力を省みず、わがまま勝手な演技指導がまかり通っていて、
トンチンカンな先輩のご指導に、戸惑うことが多く、
言うことを聞かないと、エライこっちゃ、の状態になるのでとても難儀するのです・・・
最初の面接の時、事務長が、
「立ち上げの時点での甘さからきている問題が、表面化してきて困っている」
的なこと仰っていたことが、とてもよく理解できる今の私です・・・

東京公演で主役をやった女優が教えてくれましたが、
「あんたが来て、劇団中ひっくり返るほどの大騒ぎやったんやで(笑)」とのこと
し・し・しらなかった・・・
この方はとても私に好意的な方なので、
「ええこと教えたろか
そう笑いながら教えてくださったのです。
「突然やって来て、さっそく主役級の役をもらって、我が物顔に振舞っている」
そんなふうに思われ、すごい圧力がかかっていたから、あれほどやり難かったのか・・・
と、今頃知った、おバカな私です・・・
ずいぶん気をつけて、低姿勢・低姿勢と心がけていたけれど、ダメだったのね・・・
本番当日の朝にそのことを教えられすごく動揺したけれど、本番は完全燃焼できましたよ
私も強くなったものです

24日から始まる京都の劇団での稽古・・・
さて、これからどうなっていくことやら・・・
私は私のままで、そう決めていますが
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ここんところ、のこと。
- 2011/10/14(Fri) -
まとめ書き。

12日(水)
12時間寝る(笑)

13日(木)
2ヵ月半ぶりに病院へ行く。
まだパキシルとは完全には切れていない。
現在の状態は、10㍉を飲んだり飲まなかったり・・・
真綿で首を絞められるような不快感がでると飲んだりする。
「久しぶりに血液検査、するか
まだ言ってる、この先生
「なんら不調を感じていませんので、結構です」
相変わらず頑固に拒否するわ・た・し
35日分いただく
これで2~3ヶ月はあるだろう。

娘から電話が来る。
15日、2ヶ月ぶりに会って、「美味しいものを食べに行こう」と決定。
この日のために、いろいろ調べたのよね~、わ・た・し

なんば・一味禅

あ~っ、なんて美味しそうなの・・・
ここに行くことにする
そのあと、近くのドンキにも行くことにする。
もちろん、夫も次男も仕事なので電車で行く
ということは・・・駅からの道が分からないので、娘に迎えに来てもらうことになる。
地図を調べれば行けなくはないけれど、まあ、よろしく

今日、14日(金)
それでは、ということで、娘に持っていく保存食を半日かけて作る
今回はカレーではなく、肉じゃが。
牛ゴボウ炒煮
鮭の味噌漬け。
豚塊肉のコーラ煮、3食分。
すべて冷凍する。
結構重いものばかりになってしまったけれど、
おそらく和食はあまり摂っていないと思うので。
あと、購入しておいた「マルチビタミン・ミネラル」と「ビタミンC」
小さい頃から気管支炎を起こしやすくて風邪をひきやすいうえ、
いまじゃあ、栄養の偏りで免疫力も落ちていると思うので。
追加でひとり分のお料理が簡単にできる、「シリコンスチーマー」小2つ、大1つ。
頂き物だが、我が家には小さすぎて使えないもの。
あれやこれやとまた荷物が増える。
でも、電車で行くのだからこれが限界。
しかも、明日は西日本は大雨だとか
それでも、娘の顔を見に行く
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
嬉しかった・・・
- 2011/10/16(Sun) -
土曜日、娘の家に行ったのは午後5時半ごろ。
地図をプリントアウトして自力で行った (笑)
1度は行っておかないと、いつまでたっても行けやしない。

まだ娘は支度中。
雑談をしながら待って、現場まで歩いていくことにした
ナンバウォーク、とかって地下街を延々と歩く。
いろんなお店がぞろっと並んでいて、普段、田舎者の私は興奮状態に陥る
あっちこっちのお店に入る。
300円均一に初めて行って、なぜか私はまな板を抱きしめ、
あれも欲しいこれも欲しいで混乱し、結局、何も買わずに店を出る
こんなことしてたらいつまでたっても着きやしない。

うんと歩いたので腹ペコで現場に到着。
さっそく生ビールと刺身盛り合わせ
うーーーん、これ、冷凍やん・・・
一気に気分を削がれる・・・
それでも一番お目当てのウニ丼を注文。
うーーーん、これ、ものすごくイマイチ・・・
娘は「美味しいよ」と言ってくれた・・・
まあ、こんなもんか・・・
でも、もう行かない・・・
だから、写真は載せません・・・

そのままドンキへ行く。
娘ンちで雑談していた時に、
「電気絨毯のカバーと座椅子は絶対買ったげよ」と決めていた。
カーテンを付け替え、ベットカバーもセットで買い替え、
いろいろ工夫して愉しげに暮らしているが、娘はいかんせお金がないのだ(笑)
とりあえず家から持ち出してそのまま暮らしているが、マジ、ぼろい・・・
娘が付け替えたカーテンやベットカバーに似合う、ステキなカラーを選ぼう

ウロウロ見て回っているうちに、あれも欲しいこれも欲しい病が再発・・・
そんな頃に次男から電話があり、帰りは迎えに来てくれるという。
それでとうとうブレーキが壊れ(笑)抱き枕は自分の分まで買い、
それこそいったい何を買ったかのか定かではないほど、
どっさり娘が必要そうなものを買った。
カードで・・・
なんとかなるやろ(笑)

で、娘の部屋に戻ったのが・・・午前1時半・・・
お風呂場の小物入れを取り付けたり、絨毯を替えたり、
籐籠3個に雑多なものを詰め込んだり、
3人で大騒動だったけど、あの嬉しそうな娘の顔は一生忘れない・・・

なんにもしてやれなかったもの、いままで。
必要なことで不自由はさせなかったけど、ただそれだけで、
なんの遊び心も喜びもない暮らしだったもの、いままで。

「ああ、こんなことをしてやりかかったんだ、ずっと・・・」
帰りの車の中でそう気ががつくと、涙が止まらなくなってしまった・・・
それだって、全部買ってもたかが知れた金額だ。
細々したものがたくさんで、絨毯と座椅子くらいかしら大物は。

それでも、私は嬉しかった
娘もとても嬉しそうだった

で、家に着いたのは・・・午前3時半、だったのであります

翌、日曜日は、買出しだけで完璧ダウンしておりました、とさ 
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一件落着!!
- 2011/10/20(Thu) -
やっと、終了・・・
16日から今日まで、ずーーーっとパソコンとにらめっこしていました・・・
もう目が潰れそうです(笑)

実は、15日に娘と食事をし、ドンキでいろんな買い物をした時に、
娘から
「そろそろ安いものでいいからパソコン買いたいねん」
と相談されました。
そんなこといわれても、ヘビーユーザーであるにもにもかかわらず、
知識はド素人のままの私には、何をどうすればいいのやら・・・
「私、パソコンないから調べられないし、お母さん、お願い
そう頼まれて帰ってきたものだから、さあ大変
しかも、不動産屋さんに聞いたら、娘のマンションにはインターネット回線はなし。
わざわざ光を引くのは大事過ぎる・・・
そこで、ウロウロ調べていたら、WiMAXなるものを知る。
これしかないと決めたものの、少しでも安く、少しでもいいものをと思い、
価格コムへ行ったり、自分のプロバイダーに相談したり、
中古を見たり、ネットショップを探して回ったり・・・
長男には、何度も何度も電話して、バカな質問ばかりして
詳しく詳しく、ひとつひとつ、用語の解説までしてもらいながら、
ずっと相談にのってもらいました。
よくぞいやな顔ひとつせず、面倒を見てくれたものだと、感謝でいっぱい
この間の東京行きのとき、わずかな時間でも会って、いっぱいいろんな話をして、
お互いの気持ちが急接近していたからこそ、こんなことが出来たのです。
ホントによかった・・・
CPU、メモリ、ハードディスク、OS・・・私もスペックを相当学びましたが、
所詮、私一人の力では歯がたちませんから・・・
一緒に暮らしている次男も加わってくれて、とうとう今日、
長男一押しのパソコンに決めて注文し、WiMAXも申し込み、
やっと、やっと、一応は終了したのです・・・
これでスマホと通信回線をひとつにしたら、パケ代もうんと節約できるし
最善の方法と、最善のパソコンを選ぶことが出来たと思います

神経がずっと立ったままだったので、不眠症になってます(笑)
変な時間に倒れるように眠るかと思うと、今夜はまったく眠れませんし・・・

でも、娘の感覚がどんどん平常心に戻ってきているのを感じて、
私は心から嬉しく思っています
あんなに楽曲をダウンロードして聴いたり、CDを取り込んだり、焼いたり、
YouTubeを聴きながら歌やギターの練習をしたり、彼女も相当なヘビーユーザーだったのに、
「パソコンが必要だ」なんてことすら、思わなくなっていたんですから・・・

お金は大丈夫なのかなあ~。
予算内にはおさまったけれど、ちょっと心配・・・
まあ、いざとなったら、娘の交通事故の賠償金がそろそろ出るから、
それで少しは補ってあげてもいいし~

とりあえず、今日で一件落着、です

ワークショップのこととかは、また後日、アップしま~す
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本ジャーナリスト会議 声明
- 2011/10/21(Fri) -
< J C J 声 明 >

私たちは「大阪府教育基本条例案」「職員基本条例案」に反対します

 公務員が何よりも依拠すべきは憲法の精神です。憲法は公務員を「全体の奉仕者」、
つまり、その時々の首長や多数与党の奉仕者ではなく、国民・住民の奉仕者である、
と定めています。

 ところが、橋下徹知事率いる「大阪維新の会」が大阪府議会に提出した「教育基本条例案」
「職員基本条例案」は、上からの職務命令に従うことを求め、従わない者には
懲戒処分で臨むとしています。命令を絶対的なものとした軍隊のような恐怖政治が
進むことにならざるを得ません。

 また、この2条例案ともに、人事評価を5段階にし、
最下位の評価を下される人の割合を5%と決め、
2年連続で最下位の評価を受けた人には「免職または降任」の
分限処分を課すとしています。こうした能力競争万能主義は、
教育の場はもちろん公務の場にはもっともふさわしくないものです。

 憲法は戦前の軍国主義教育の反省から、教育への政治介入を厳しく戒めていますが、
橋下「維新の会」は、教育に対して公然と「政治が関与すること」
「首長が公立学校の実現すべき目標を定める」と主張しています。
4月の府議会で橋下「維新の会」が、内心の自由を奪う「君が代起立条例」を
数に物を言わせて強行採決したように、
教育の場に戦前のような国家主義的色合いをつけた教育観が持ち込まれるのは
火を見るより明らかです。

 橋下知事に任命された府教育委員全員がこの教育基本条例案に反対し、
府教育長も明確に異論を唱えています。

 「再び戦争のためにペン、カメラ、マイクを取らない」と決意し、
「自由な言論を守り、自由な社会を実現する」ことを目指して活動してきた
私たち日本ジャーナリスト会議は、
「今の日本の政治に必要なのは独裁」「教育は2万%強制」などと
公言してはばからない橋下知事に少なからず危惧の念を抱いてきましたが、
それを条例という形で実現しようとする企てを看過するわけにはいきません。

 私たちはこの2条例案に反対し、その撤回を求めます。
今こそ立場の違いを超え、「2条例案ノー」の声を全国から上げましょう。

                        2011年10月17日
                        日本ジャーナリスト会議

ホンマに、大阪人よ、目を覚ましておくれ



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
楽しんできましたよ~♪
- 2011/10/22(Sat) -
10月18日(火)は、2回目のプレワークショップでした。

moblog_40869509.jpg
雲の多い空でしたが、気温23℃と爽やかな秋の日・・・

前回に引き続き、まずはストレッチから。
ストレッチ、と書いていますが、この演出家曰く、
「柔軟体操ではないので、伸ばすというより意識的に力を抜いて体を緩めていく」
緩んでいく体を体感できるかどうかを大事にされているように感じます。
主に緩めているのは腰と胸骨と股関節、つまりは体幹、かな
先生は体の表現への興味が、とても高い方のような印象を受けています。

つづいて発声練習。
喉をあたためることを目的に、ハミングと口の先を震わせる発声法。
あくまで基礎のキソで、留意点は声を出しているときに、
頭蓋骨までが共鳴していることを意識すること。
ウワァオ~ンって響いて、こそばゆいような変な感じ・・・

その次は、前回やったのと同じ、会話しながらの2人組ストレッチを
今回は先週とは違うペアでして、参加者同士の親睦を深めていきました。
不思議ですよね・・・
普段は、なかなか名前を覚えられないのに、ペアを組むと一発で覚えちゃうんです

次、ペアはそのままで、ポーズでコンタクトするワーク。
先生から「犬と猫」といったお題がペアにだされ
2人で、会話禁止・アイコンタクトのみで、できるだけ早く、かぶらないように、
ジェスチャーのように動きで表現するのではなく、それと分かる固定のポーズをとる。
ペアの相手を意識すること、自分の体の状態を意識すること、
瞬間的にポーズを発想する反射神経、全体の構図を意識すること・・・
同時に意識しなくちゃいけないことがたくさんあって、
すっごい刺激的なワークで大盛り上がりでした

takatuki.jpg

出されるお題は「犬と猫」「山と川」「月と太陽」「布団と枕」
といったものから始まり、
「魚と釣り人」「仏像とお坊さん」「侍と町人」「指揮者とピアニスト」「先生と生徒」
といった人としてのお題へ、
そして、最後には「おじいさんと孫」「親子」「夫婦」「同級生」「男と女」「他人」
と関係性にこだわったお題に進みました。
体を使って、ポーズによって、関係性を表現するということ。
たとえば他人、という関係性。
やりやすい関係性とやりにくい関係性がありましたが、
その違いはどこからきているのか・・・とても興味深いワークでした・・・

なあ~んちゃって、私は超単細胞なので、
早~い段階から子どものように夢中になってしまいました。
面白いのなんのって

少し休憩をはさんで宿題を使ったワークにはいりましたが、
宿題を持ってきたのは私を入れて3人だけでした。
皆さん忘れっぽい、呑気な方が多いようです(笑)

宿題は、印象に残った会話をひろってくること。
まずは拾ってきた会話を発表しました。
私が紹介した会話は、電車の中で小耳にはさんだ「試験勉強についての会話」です。
詳しい状況設定や登場人物に関する情報は、すべて削ぎ落とし、
会話のやりとりの言葉だけを発表します。
その言葉をもとにチームにわかれて、場所や時間やキャラクターを想像しながら
そのやりとりを、どう演じるか創作し発表しあいました。
会話を拾ってきた人は(私も)謂わば演出家の役目です。

言葉だけなら何気ない会話なのですが、役者さんが実際目の前で演じると
なんとも言えない面白みが生まれてきて、不思議なものです。
発表を終えた後、演じた方が、何を面白く感じてこだわって演じたのかと
実際会話を拾ってきた人が、その会話のどこに強い印象を受けて面白みを感じたのかを
すり合わせてみると、そこには大きな差が生まれていました。
実際のシチュエーションと、表現されたものが違っていても、
それはそれで「こんな捉え方もあるのか~」と感じてとても興味深かったです。

先生曰く、
「会話のワークでは、実際に脚本をもらった時に、
 どうやってセリフを、体や関係性でしゃべるのかを体験してもらいたかった」
とのことでした。

フムフム・・・
分かったような分からんような・・・なんとも頼りない私ですが、
申し分なく、心も体も遊び心を満喫して、楽しんでまいりました、とさ

次回が待ち遠しいですね~
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋の空(^o^)/
- 2011/10/24(Mon) -



久しぶりに京都へ

爽やかな秋日和です\(^ー^)/
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
京都の空
- 2011/10/24(Mon) -



きれい…
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
そして…
- 2011/10/25(Tue) -




今日はワークショップへ\(^ー^)/


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
帰ってきた娘
- 2011/10/26(Wed) -
行方が分からなくなっていた娘を、
23日から、毎日明け方5時6時まで探し続けていましたが、
26日夜、鳥取県の皆生温泉で働いていることが分かり、
なんとか説得して、無事家に連れてかえることができました・・・

まだ、詳しいことはほとんどわかっていません。
食事をとっては眠る・・・を繰り返しているだけの状態です。

たぶん、想像もつかないようなことがあって、
想像もつかないようなことをしていたのでしょう・・・

事実が分かっても、ここにはおそらく何も書かないつもりです。
ごめんなさい・・・
とても書けないようなことだろうと思っているのです。

帰って来てくれただけで、いいのです。
また、再出発すればそれでいいのです。


この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
反応しあう
- 2011/10/28(Fri) -
夜、7時
トリコ・A プロデュース・和知の収穫祭 京都公演 「React upon-反応しあう-」
を観に行く。

夜の四条通から高瀬川沿いの橋を渡る。

懐かしい・・・昔、よく歩いた通りだ。

moblog_c1f71e8f.jpg
会場は、元小学校の講堂。

私は、なにがどうなっちまったのか、いつの間にか嗚咽を堪えながら観ていた・・・
こんなこと、高校生の時に始めて演劇を観た、
児童文学作家・庄野英二作「星の牧場」以来だ。
今、私がおかれている心的状況にリンクして、激しい反応を起こしたのかもしれない。
まさしく、タイトルどおり、「React upon-反応しあう-」。
すっかり手に帰したってわけか(笑)

moblog_96781b12.jpg
呆然と会場を後にする・・・

出口で知り合いに会うも、動揺が収まらず、会釈するのがやっとという体たらく。
すぐに帰路につく気にもなれず、とぼとぼと歩いていたら、
「インスピレーションであなたにメッセージを贈ります」
そんな路上アーティストに出会う。
先客の横でぼんやり立っていた。
お客が去って、「私も・・・」とでもいうように、黙って自分を指差すと、
「どうぞ」と小さな折り畳み椅子を勧められた。
言葉は何も交わさず、名前だけ紙に書いて渡す。
しばらくして「僕の目を見てください」そう言われ、
まだ25・6歳の青年の目をじっと見つめた。
ほんの2秒ほど見詰め合っただけで、彼はA4ほどの和紙に、
一気に私の名前とメッセージを墨で書き上げ、手渡してくれた。

そこに書かれたメッセージ。

 ○子の心の中に
 いつも希望がある
 笑って動く場所に
 幸せを創れる
 ○子が創っていける

そのメッセージを抱きしめて、家に帰った。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Fw:
- 2011/10/31(Mon) -
 
お寿司美味しい
 
色々ありがとう
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Re:
- 2011/10/31(Mon) -
メール今気がついた
 
私こそありがとう
お前の役立ててなんか少しはお前に償いが出来た気がして…
もう大丈夫やで
楽しく生きていけるようになるんや
今度こそ大丈夫やで
では、突然やけど、おやすみなさい(笑)
返信いらないよ
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
稽古日
- 2011/10/31(Mon) -
劇団の稽古日。
爽やかな秋日和でした。

moblog_95be8bcc.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |