FC2ブログ
2014 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2014 08
おはようございます。
- 2014/07/01(Tue) -
おはようございます。
7月1日の朝です。

今日からいやいや劇団復帰(笑)
ホントはクソ暑い7・8月は全休にしたい私です。
劇団は古い日本人体質で、
「怠けるなんてとんでもない!」
勤勉こそ美徳、無遅刻無欠勤が当然、的な・・・
昭和レトロな会社組織と同じ考えの
幹部&劇団員が大半なのであーる。

そんなところで、サボるわ・休むわの常習犯で、
なんでもありの私は…常に異質な存在なのであーる。

公演体制に入ったら、超・優等生なんだけどねー

でもまっ、ここに居るつもりなら、
自ら歩み寄ることで、
私が得るものもきっとあるんだろう、って思うことにします。

現在の編み物レッスンは交差編み。
これでセーターを編むと分厚くなって、相当暖かい。

これは一目交差編み

moblog_bd012299.png

お次が、二目交差編み。

moblog_a56d7a90.png

二目はさらに分厚くなって、とてもお気に入りです。

でもね・・・
うちの家族って、毛糸のセーターてものを
私以外で着る人なし!

だから今年もセーターを送ろうボランティア、
楽しく頑張るつもりです

いやあ~
さして上手くないもんで、
もうそろそろ編み始めないと、また間に合わなくなりそうで・・・ www

あー、マジ、年内いっぱいお休みしたいわーーーー
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
劇団復帰、そして、夫帰省す。
- 2014/07/05(Sat) -
1日、火曜日。
渋々、劇団復帰・・・(笑)
1期3年間を一区切りとして、
3期生まで募集して始まった仮劇団も
すでに5年目。
これからの1年が最後の取り組みになり、
その後、新たに形を変えての発足になる。
そ、少なくともこの1年は中途半端に辞めたりせず、
一区切りつくまで自分なりに続けることに決めました。

前回、前々回と、主役・準主役を別ってきたYさん。
私の横に座るとポツッと呟いた。
「なんか、何のためにこんなことしてるんやろって、
 虚しくなってきて、もう辞めようかと思ってた。
 でも、最低あと1年、まずは一区切りつくまでは続けようかと思って・・・」
びっくりして、
「いやぁ、同じようなこと思ってたんやねー
 そ、ひとまず、あと1年はなんも考えヤンと続けよな

彼女とそんな話をして、自分の迷いやモヤモヤが、
自分一人のものではなく、
組織全体を覆っている微妙な雰囲気でもあることに気が付きました。
3期生が、そんな時期、なだけかもしれないし、
5年間続いてきた劇団のマンネリなのかもしれないし、
組織自体の問題なのかもしれないし・・・
はっきりしたことは何もわかりません。
でも、まっ、この1年が区切りの1年。
Yさんに言ったように、私もナンも考えないでやりましょう

4日、金曜日、そ、昨日のこと。
夫が新潟へと帰省いたしました。
私の突拍子もない思い付きで始まっちゃったこの計画。
とある高速バス会社のキャンペーン企画で、
「大人の自由旅・どこでも片道1000円」
これについつい乗せられちゃって、
アレヨアレヨという間に予約しちゃったんです、わたしが

前回、田舎に帰ったのはいつ頃だっただろう・・・
ここ数年は帰っていないことだけは確か。

昔、夫がアル中で、ひどい暴君だったころは、
借金まみれの家計なのに、年に1度は帰省しないと、
手が付けられないほど荒れて暴れて・・・
仕方なく、切符はカードで買い、キャッシングで現金を持たせ、
何年間も延々と「借金オンリー帰省」を繰り返していたのでした。
ね、私なんて日帰り旅行すらしたことないのにねー

で、断酒して人間らしさを取り戻した夫は、
数年に1度の帰省でも文句も言わずに、
そりゃあもう、大人しいもんでして・・・(笑)
でも、かつてのことがあるので、
私の心の中にはいつも、
田舎に帰らせてあげたい、という思いがあったのです。
あ~あ~、バカお人好しのわたし・・・

15歳で新潟を後にして東京の高校へと
行かざるを得なくなった夫にとって、
「故郷は遠きにありて思うもの」ではなく、
常に身近な、なくてはならないものなのです。

で、切符を手配しちゃったもんだから、
夕べは夫を送って大阪駅まで行きました。
大阪生まれ大阪育ちの私でも、
最近、大規模リニューアルした大阪駅周辺&梅田界隈。

moblog_3ae67bee.png
moblog_cfe71da1.png
moblog_152e65df.png
moblog_8ae9e3f9.png

新しくなってから行くのは初めてで、意味不明に田舎者状態です。
とてもじゃないけど夫一人で
歩いて15分もかかる初めてのバスターミナルに
辿りつけるとは思えません
行ってよかったよーーー
久しぶりにふたりだけで外出です。
駅まで歩いて、電車に乗って、乗り換えて・・・
大阪駅に着いてから、お店を探して田舎のお土産を買って、
夫のお弁当とお茶を買って、
スマホに入れた地図を何度も見ながら
なんとかかんとか迷うことなくバスターミナルまで連れて行きました。

夜行バスなんかで帰らせるのは
なんだか、初めてのお使い、みたいに心配です(笑)

行ってらっしゃい、あなた。
短い期間しか休めなかったけど、旧交を温めて楽しんできてください

さて、7月の大仕事、
劇団復帰と夫の帰省、取り敢えず、スタート
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ご紹介~♬
- 2014/07/11(Fri) -
愛しのボスです
急に年老いた感じになってきた気がするのですが・・・



あ~ちゃんの弟、あかちゃんです
産まれたての時に、便宜上、
あかちゃんだからあかちゃん、って呼んでいて
いまだにそのまま、「あかちゃん」って呼んでますだー(笑)

moblog_d2336ba0.png

こちらが  あ~ちゃん。
ねっ 兄弟そっくりでしょ~
夫は見分けがつかないんですよー(笑)
毛の色が、あ~ちゃんの方がちょっぴり濃いめの茶なんですけどね。
moblog_b9d82df3.png
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
で・・・
- 2014/07/12(Sat) -
で、今週月曜日、夫が新潟から帰ってきました。
翌日から新潟は記録的な豪雨
大雨の中、帰ってくることにならなくて、
ホント、よかったですー

何年振りかで兄弟・姉妹たちと再会し、
互いを懐かしむ楽しい時間を過ごしたようです。
でも、帰省前夜に、実家のすぐ近くに住む幼馴染の従妹が
鬱病が原因で首つり自殺をし、
通夜、お葬式と続いたとか・・・
4度も自殺未遂を繰りかえしていたそうで、
ご主人は監督不行き届きを親族一同から
えらく責められていたとか・・・
うむ・・・24時間不眠不休の覚悟で面倒診るって、
なかなか素人さんにはできないでしょうね・・・
素人さんは自殺の可能性を結構甘くみるからな~
ホント、突然、死にますから、鬱は・・・ 
実感してますから、わたし・・・
ある意味、防ぎようがなかった、とも・・・

そして、夫の弟。
彼は、かれこれ十数年前に脳溢血で倒れ、
今も言葉は話せないし、半身不随のままで、
長年、自宅療養しているのですが、
その奥さんと本家である実家が、いったい何が原因だったのか
えらいこと諍いを起こし、
「誰にも一切弟と会わせない
ってなところまで関係が拗れきって、
すでに何年も経っていたそうです
今回、夫と本家のお兄さんが、
大阪のお土産を持って訪ねたところ、たまたま玄関が開いていて、
否応なく奥さんと会うことができ、
「わざわざ大阪から来ているのだから」
ということで弟に会わせてもらえたそうです。
いやあ、よかったです・・・
今回の帰郷の一番の目的はソレだったんですから・・・

親戚ってそこまで拗れるもんなんです。
ってか、うちの母は十数年間私に電話1本よこさなかったし、
姉に至っては、何十年間ですもんねー
しかも、悪気があるんじゃなくて、無関心なだけという、
これまた情けないやら悲しいやらのお話ですが・・・

あっ、ここ半年ばかり、
電話もメールも一切応答なしでスルーしていた姉ですが、
最近また連絡取れるようになりましただー
近々、実家へ行ってみます。
って、私のこのしつこさがなければ、
私の実家とは、あっという間に、
断絶家族になっていることでしょうね~
娘曰く、「お母さんのは濃厚・練乳愛
だそうです・・・

そして、夫の妹夫婦。
ふたり揃ってパーキンソン病に罹っていて、
妹は車椅子、ご主人は入院中。
しかもご主人はここ3か月ほどで急激に病状が悪化し、
認知症や肺炎も併発していて
いまや食事も摂れず言葉も話せず、ベッドに寝たきり・・・
「ガリガリに痩せてたよ。あれはもう長くないな・・・」
盆や正月に親戚中が集まると、
1番元気で1番おしゃべりで、とても明るい性格の愉快な人だったのに・・・
時間は残酷、人生、先は全く分りゃしない・・・
話を聞いて、私も胸が塞がる思いがしました・・・

「兄貴は胃がんの手術してるし、病人ばっかりやなぁ~。
 元気なんは俺1人やったぞー」
夫がそう申しましたので、
「たぶん、奥さんがイイからとちゃう~
さり気なくそう申しておきました・・・(笑)

バスでよかったら、いつだって帰れるから、
お父さん、また、毎年田舎に帰りましょうね

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
で・・・
- 2014/07/13(Sun) -
で、今週火曜日の稽古日。
去年のように、
また、芸大映像学科の学生さんたちが見学に来ていて、
「卒業制作の映画に出て下さい」って頼まれたけど・・・
今回はお断りしました・・・
去年、あまりにしんどすぎたので、お引き受けする勇気が出ませんでした・・・
ごめんなさい・・・
あなたたちを応援したい気持ちはいっぱいあるんだけど、
あのしんどさは・・・今の私にはとても無理なんです・・・
お断りしたことで、
この2・3日、モヤモヤした気分を引きずってしまいましたが、
お引き受けしていたら、
2・3日間のモヤモヤどころじゃなかったと思います。
何度もの打ち合わせ、数日間続く強行撮影・・・
この暑さの中、全く体力に自信がないもの。

いつもいつも体調不良や血圧ばかり気にしていて、
ついついなんにでも引っ込み思案になってしまう・・・
そんな自分が悲しかったけど
お断りしたのは正解だったと思います。
自分を追い込んでまで引き受けることではないと思うのです。

さて、この7月。
劇団復帰と夫の帰省。
大きなイベント2つが終わって一息ついていましたが、
忘れていました、大仕事があと2つ
娘のリスカの傷跡治療
&突然出された、シナリオ提出の宿題 
期間はたった3週間だぜーーー

傷跡を気にして、娘は夏でも長袖です・・・
「自業自得やからしゃーない・・・」
娘はそういって笑っています。
でも、私は、なんとか傷跡を少しでも治療して、
夏らしい服装で過ごせるようになれれば、と願っています・・・
家からお金を出してやる余裕はないけれど、
自分のお給料で、根気よくコツコツとレーザー治療していけば、と。
実は4月から、何軒もの整形外科や形成外科、
美容外科等に問い合わせをしていて、
一度、大学病院まで一緒に行ったことがあるんです。
そりゃあもう、ひどいもんでした・・・
医者は恐ろしがって、娘の顔すら一度も見ようとしませんでした・・・
「そんなんで、よう医者なんかやっとるなー
と、私は怒り心頭で怒鳴りましただーーー心の中で・・・ですが(笑)
それからも懲りることなく皮膚科・形成外科・美容外科をあたりまくり、
モニター制度が使えるということで、
1軒の、リスカ傷跡治療をHPに明記している美容外科に予約いたしました。
いえ、娘が電話したんですよ、もちろん
ダメ元で、面談です、今度の日曜。
わたしゃ、ついていきますよ、誰が何と言おうと、絶対に。
前回のこともあるし、バカで、無知で、
人間性に欠けた医者から娘を守ってやるんですー
てか、落ち着こ ・・・(笑)

で・・・宿題のシナリオのこと
どーせど素人なんだから、と開き直って、
TBSの日曜劇場的なストーリと場面展開だけは決めました。
あとは書くだけ。
えーえー、宿題だと言われたら、書かなしゃーないやんか
はい、はい、書きますよ、書きますよ。
書きゃあいいんでしょ

ってな感じで、忙しい7月となっております
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
でもって・・・
- 2014/07/14(Mon) -
気ぜわしい毎日です
というのも、頭からシナリオのことが離れないからです。
てか、私のシナリオ、
枚数が相当オーバーするんじゃないかしら・・・
でも、頭ん中ではもう出来上がっちゃってるから
減らせないんです・・・
そこまでプロじゃないもん、器用じゃないもん、
もうどうにもならないよーーー

そんなこんなで、日中ほとんどの時間をシナリオに費やしているのに、
劇団の本公演を強制的に観に行かされました、
11日金曜日・夜のこと。
授業で感想を話し合うとかで、招待券が出て無料でした。

私は自分は相当な芝居嫌いなんじゃないかと思うくらい、
最近は特に芝居を観に行きません。
だって、つまらないんだもの・・・
だって、コッ恥ずかしくて、お尻がムズムズして、
居たたまれない気持ちになるんだもの・・・
でもって、知り合いなんぞ出演していた日にゃ、
屁でもない代物で面白くも何ともないのに、
「よかったよーーー
だなんてお世辞を言わなきゃいけないんだもの・・・
顔が引き攣って、喉がカラカラで声も出なくなって、
そんな嘘をつくことがめっちゃ苦痛なんだもの・・・
いえ、それだけではない・・・
ホトホト芝居をやるのが、役者をやるのが
嫌になってしまうのだから、後遺症がデカいのです・・・

で、劇団の本公演も
今まで3回公演中、最初の1回しか観に行っていませんでした。

そして・・・遂に強制観劇、とあいなりました・・・
ということは・・・みんなも結構観に行ってないってことかも

土・日はゆっくりしたい派なので、
初日の金曜・夜の部へ行きました。
いえ、みんな一生懸命なのは重々わかるのです、痛いほど・・・
内容も、出鱈目とかいい加減とか、そんなんじゃなくて、
超・真剣そものもの、
真面目な真面目な内容だってことも、わかっているのです。
今回は、若い人が主人公で、
小柄な女の子がとても可愛くて一生懸命で・・・
がんばりやーーー
って心から応援してるんです。
でも、やっぱり何の感動も感激も、
啓示を受けるような衝撃も、
なーーーい
んです・・・

ふむ・・・私が欲張りなんだな、これは
音楽とか、本とか、映画とか、絵画とか、
魂を揺さぶられる深い感動をいっぱい味わってきているから、
要するに、歳くっちゃってるから、
不感症になってるんだな、きっと
それと同等、いえ、それ以上のものを
常に求めてしまうんだな、これは

わかりました・・・
もっと少欲知足の精神で
謙虚に観劇する習慣を身につけようと思います・・・

そう反省して、さっそく、
7月23日、観劇予約を入れました。
東京の劇団「燐光群」の
カウラ日本兵捕虜脱走事件70周年記念企画・オープニング作品
カウラの班長会議 side A
作・演出 坂手洋二


社会派と言われる人の作・演出だそうで
私向きじゃないかな~
期待してます
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
眼高手低
- 2014/07/15(Tue) -
「眼高手低」
こんな言葉、ご存知ですか
意味は
目は肥えているが、実際の技能や能力は低いこと。
知識はあり、あれこれ批評するが、
実際にはそれをこなす能力がないこと。
また、理想は高いものの実力が伴わないこと。
▽「眼高 めたかく 手低 てひくし」と訓読する。

・・・・これだな、わたしって。
シナリオを書いていると
自分ってもんがつくづくよくわかる・・・
書きながら、何度止めてしまいたい衝動に駆られることか
げーーー
な~んてありきたりなストーリなんだ・・・
な~んて陳腐な台詞なんだ・・・
おぞましいほど凡々なこの頭、
かち割ってしまいたいわ・・・

そんな感情がぐるぐるぐ・るぐる駆け巡っておりますだ・・・

で、そんな傲慢な自分を
「眼高手低」 

そう名づけるのでありました・・・

でも、今回は投げ出さず、
最後まで書いて提出するつもりです。
だって~宿題ですもん
宿題だと思えば、こんな程度の低いシナリオでも、
書き続けるしかないんですもん

幼少期の優等生体験が、
こんな時にひょっこり顔を出すのである。
宿題は、ちゃんとやって当たり前でしょー、お嬢ちゃん
ってね(笑)

へい
頑張りますだーーー
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
間もなく決定稿
- 2014/07/22(Tue) -
先週水曜日に第1稿、
moblog_fe23215d.png

3日寝かせて第二稿
moblog_3ca4cbd1.png

本日、恐らく決定稿となるであろう
第三稿が完成し、それはいまだWordの中。
原稿用紙の設定を外し、
ページ番号を入れ、
表題と氏名・登場人物・などを加筆する。
今回はあらすじ的なものは短いのでいらないとか。
そんなこんなのノウハウはネットで調べました・・・(笑)

20枚シナリオは、シナリオ教室等で
シナリオ修行に常用されている方法らしいので、
私もなんとか20枚に収めました。
が、疑問です・・・
20枚では、
クライマックスぐらいしか
足を止めて書き込むという作業ができない・・・
&枚数の制限で
書けるはずのエピソードを大幅に削らなくてはならない・・・
いやぁ~無駄な作業が多かった気がするのです。
それなら、アイデアを貯め込むために、
プロットを
(あら筋のようなものを、4つの場面・起承転結に分けて書き込んでいく)
どんどん創っていって、
これだと思えるものができてから
シナリオに仕上げた方が断然いいんじゃねーって思いました。
そ、せめて3幕くらいにはなる90分もの、
うーーーんと、原稿用紙1枚が大体1分として・・・
90枚・・・
ひえーーー
やっぱり、止めとくわ・・・
しんどすぎやわ・・・

まっ、去年の倍の枚数は半月ほどで書けたから、
次は30枚程度を、
・・・また機会があれば、ということで 

でも、プロット&創作アイデア帳は、
面白いから日常的にやってみるのもいいかもしれません。

今はEvernoteをスマホと同期させて
アイデア帳代わりに使ってますだー

あー 面白かった 
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お遊び
- 2014/07/24(Thu) -
moblog_b991d63d.png

家の中に、こんなものが
へへ・・・紙風船を買ったらあまりに可愛いので
吊るして飾ってみました~

帰ってきた家族ひとりひとりの驚いた顔を
お見せできないのが残念

 こんな感じ~(笑)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旅企画
- 2014/07/26(Sat) -
実は、発作的に現在進行形で旅企画を立てています
こ、こ、このわたくしが、であります
勿論、一人で出かけるのであります

なんでそんな気になったのか・・・

それは遡ること約2か月前の5月のある日。
中学3年生からの親友である、
山口県在住の5月生まれのMさんに
お誕生祝いのメッセージを送ったところ、
彼女から
「遊びたい~もっか(私のこと)と買い食いしたりしながら
 天満界隈をぶらぶらするのはどう?」
と返信が来たのです

彼女は私同様、大阪生まれの大阪育ち。
パートナーが、親のお店を継ぐことになったために、
まだ新婚の頃に、泣く泣く山口県へと行ったのです。
そして、今では母親も山口に引き取っているため、
生まれ育った大阪には、すでに実家も無くなり
「大阪で遊びたい大阪に帰りたい
そんな思いを今も強く持っている人なんです。

いえ、これ、実は、
彼女の晩酌のお供の、架空の話だったんです・・・(笑)
それを早とちりのわたしゃ、
てっきりMが大阪に来るんだーとのぼせ上り
1人ガンガンにはしゃいでしまったのであーる・・・

「ごめんごめん、紛らわしい書き方やったね・・・」
そう謝る彼女に
「いやいや、十年前に1度山口行っただけの私の方から
 今回は山口行くしー
 どっか山口の温泉宿とかで密会して
 ふたりでまったりゆっくりしましょうよ~
と、まあ、そんなふうに私の盛り上がりは収まらず、
どんどん話が進んでいったのでありま~す

それからは、
パートナーと小料理屋を営んでいる彼女の休みに合わせて、
具体的な日程の相談、に始まり、
肝心要の温泉宿探し・・・
何度もメールでやり取りしながら計画を練って、
ついおととい、とうとう宿を予約しましただーーー

日程は9月30・10月1日の1泊2日。
「うちにも1泊してよー
と彼女は言ったのですか、
なんせ、お店があってとても忙しい彼女とそのご家族に
負担をかけたくないので、丁重にお断りしました。
彼女にも温泉宿で日頃の疲れを癒して欲しいわけでして
私への「お・も・て・な・し」で
更にクタクタにはさせたくないのであります。
それでは今回の旅企画の趣旨に反するのであります。

そして、私はいったいなにで行くのか、行き方をあれこれ検索
これまた脱線しまくっちゃって・・・(笑)
ひとりで「妄想青春」しちゃったのよねー

私は10代後半、寝袋担いで、ほぼヒッチハイク状態で
北は礼文島、南は五島列島と、
日本中をあちこち一人旅したことがあるもんだから、
ムラムラ~とそんな気が湧いてきちゃってー(笑)
歳を忘れて、あーだこーだと、
鈍行列車の妄想旅行に嵌っていたのです・・・(笑)
ま、そんなことしたら、たぶん今なら死ぬし・・・
ちゃんと常識的に、新幹線で往復いたします・・・

いよいよ具体的になってきた秋の旅企画
いやぁ、楽しみで楽しみで、ワックワクの日々であります~
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
完成
- 2014/07/28(Mon) -
シナリオ、完成しました、ってか、明日提出やしー

moblog_f6a20db1.png

最後の印刷も終了。
家のホッチキスでぎりぎりとめられたしー
家のじゃ、20枚でマジぎりぎりですなー

どんだけーってくらい推敲したし、
早く終わらせたかったわー

ま、宿題やから出すけど、なんだかいざとなると恥ずかしい・・・
宿題宿題
宿題やから書いたし、宿題やから提出する
それ以外のことは考えない考えない

そう何度も自分に言い聞かせている訳です・・・

ああ、でも、恥ずかしい・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
はあ・・・
- 2014/07/30(Wed) -
昨日、シナリオを提出し、ガチガチの発声練習で2時間しごかれ、
フラフラになっての帰り・・・
3期生の女性ばかりで久しぶりに少し飲みました~
家に辿りついて、はあ・・・
7月のイベント事はすべて終了いたしました・・・
はあ・・・
なんかんやと気ぜわしい1か月でございました。

娘のリスカ傷跡治療は、8月にもう1軒、
保険で治療してくれるとHPに謳っている
形成・美容外科に行ってから、
どこで治療を受けるか決めようということになっています。

7月に行ったところでは、当事者以外で
初めて、ちゃんとした診察をしてもらえました。
娘も気軽にいろいろ質問できたし、医者も相当慣れている様子で、
ちゃーんと腕を診て、触れて、娘の顔を見て(当たり前やんなぁ~)
治療の相談にのってもらえました。
おかげで、今後の治療の方向性がはっきりしました。

が・・・いかんせ自費なので、費用が・・・
約40万チョイ、という高額治療になります
勿論、医療ローンを組むことができるので、
治療不可能ということはありませんが、
外科的手術とレーザー治療の併用という方針が決まった以上は、
少しでも費用の負担が少ない病院を探そうと思い、
現在、手術とレーザー治療を別々の医院で受けることを検討しています。
意外と、手術とレーザー治療に適した機器を兼ね備えている医院は少ないのです。

娘の会社は、会社で一斉に夏季休暇を取るのではなく、
各々が申請して3~4日の休暇を取るとのことなので、
8月9日にまず外科的手術を受けるための診察を受け、
手術日を9月の日程で組み、それに合わせて休みを取り、
土日を挟んで約5日間、ダウンタイムを過ごそうと予定しています。

「今回の休暇は、なにしろ治療第1にしようと思ってるねん・・・

娘の気持ちもやっと自責の念から少し解放され
前向きに治療を受ける決心ができているようです

「こんなに傷つき、深い痛みに耐えながらも、
 自死せず生き延びてくれて、ホントにありがとう

それが私の心からの思いです・・・
お母さん、1000点満点あげるよ
生きててくれて、本当にありがとう

今日明日と、ゆっくり疲れを癒し、
さあー 8月・9月、
また頑張りますわよーーー だってさ~(笑)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |