FC2ブログ
2014 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2014 10
諸々・・・
- 2014/09/05(Fri) -
9月に入って、2日の火曜日から
またとても暑くなりましたねー
でも、朝晩は初秋の風が爽やかです。
暑さもあと少し・・
頑張りましょ

8月末日に、お義理で行ったシャンソンコンサートは、
予想外に感動的で、昼下がりの素敵な時間を過ごしました
場所は大阪の中心的繁華街、北新地のライブピアノバー
ゆったりとした空間、柔らかな間接照明、そしてピアノの生伴奏・・・
moblog_5632d2fb.png
とても午後2時とは思えませんね(笑)

私はアイスコーヒーにしましたが、
ビールやワイン・水割りなどの飲み物付きで3500円は、
すごいお得感がありましたし、
これからも都合が合えば、また行きたいな、と思っています。
3名の方が出演されたのですが、
宝塚出身の2名の方の何倍も
うちの劇団の女優さんの歌は素晴らしかった
さすが女優
語りかけてくる力が半端ない
本当に感動して、胸が熱くなり、何度も涙がこみ上げてきました・・・

翌日、その女優さんから直接お礼の電話を貰い、
私が、
「本当に感動しました、素晴らしかった
そうお伝えすると、
昨年、ご主人を亡くされて、子どもさんもいなくて一人ぽっち・・・
寂しくて寂しくて、相当、気落ちされていたとのことで、
「ありがとう、元気が出ました。これからも頑張ります」
そう言って涙ぐんでおられました・・・
そんな彼女を応援する思いも込めて、
これからもできるだけ聴きに行こうと思います。

さて、2日火曜日。
長らくお休みしている間に、なんだか劇団の雰囲気が少し変わってきて、
前回も今回も終了後、
20人以上が参加する大人数での飲み会です
要するに、1期2期3期全員が一堂に会しての稽古になったからですが。
私はビール1杯と薄~い焼酎お湯割り1杯がやっと・・・
意外と弱いんです、アルコール・・・(笑)
でも、今まで話したことがなかった人たちとも沢山関われて
新しい世界が開けたような思いがします。

私もいろいろ考えていました・・・
芝居を続けるなら、もう一度、新しい気持ちで参加してみようって。
そんな自分の気持ちが、すぐに反映されたかのような今の状況に
とても驚くと同時に、喜びも倍増いたしました

なんだかうまく言えないけど、
自分が変わっていこうと思ったら、ホントに周りが変わっちゃった、
そんな感じです・・・

で、昨日、4日は姉のお誕生日
またスルーされること覚悟で、お祝いのメールをしました。
電話にはなかなか出ないんです、あの人・・・
昨日も電話に出なかったため、仕方なくメールにしたんですが、
夕方、返事が来たんですよ
って、普通、返事があるって当たり前だと思うんですが・・・
素直に嬉しかったです、返事が来て。
まだ、望みがあるかなって思って・・・
親・姉妹・・・
血の繋がりって、厄介だけど
一縷の望みをかけて、これからも繋がって行けるように
少~しだけ、努力かな、って、やっぱり思っています・・・
わたし、バカかなぁ・・・

そして、今日5日は、みいちゃの49日にあたります。
でも、みいちゃは虹の橋は渡らずに、
今も私と一緒なんです

って、長い間学んできた仏教無視の勝手な解釈をして、
自分の心を慰めているだなんて
全くもって、いい加減な奴だなぁ~、わたしって  (笑)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
心配・・・
- 2014/09/06(Sat) -
ネットで9月30日・10月1日の山口旅行の切符を手配。
もっちゃんとメールであれこれ話を進めて、最終的には電話で確認し、
行きは新幹線、帰りは乗り鉄としてはあんまりあっさり帰るのも勿体なくて
夜行の高速バスにして・・・ 

新幹線のチケットは最寄駅で引き換えます。
高速バスはプリントアウトして
決済したカードと一緒に提示するだけで乗車できるそうです。

ふふふ・・・
昨日ちょこっと電話で話しただけで、
わくわく感満載気分です

で・・・昨日
そんな楽しい気分をぶち壊す心配なことが・・・
みいちゃのこと以外では、公演が終わってから
血圧もすっかり安定していて、上が132、下は70とか・・・
でも、もうすっかりお薬もなくなったので、久しぶりに主治医の元へ行きました。
ここ2・3が月、気になりながらも
ついつい先生に診断をお願いするのを忘れていた懸案事項、
右の耳の真下、顎のあたりにできたぐりぐり・・・
多分リンパの腫れだと思う・・・
先生は
「大きな病院で精密検査を受けた方がいい」
って・・・
先生から市民病院での検査を予約して頂き、
来週、検査を受けることになりました・・・
MRIやCTとからしいです。
来週月曜日に検査日が決まります・・・

きゃーーー
癌やったらどうしよ・・・

いえ、受けてもいない検査のことで
今からクヨクヨしたりはしませんが(笑)
でもね・・・心配は心配で・・・
ただの炎症ならいいのにな・・・

折角、山口旅行で盛り上がっていた気分が、
あっという間に盛り下がっちゃいました・・・

来週は、実家に敬老の日のお祝い持って行く約束してるし、
(姉からメールの返信もらってすっかりのぼせあがり、さっそく約束した、おバカな私・・・www)
13日の土曜日は、娘の傷の手術日だし、
(娘は、13日から連休はさんで18日までお休みを貰いました)
自分の検査も入って大忙しの週になりそうです
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
できない・・・
- 2014/09/07(Sun) -
娘が、引っ越したいと言う・・・
こんなボロ屋に、恋人ができても連れて来れないという・・・

ミイヤと

moblog_603ceb20.png

あ~ちゃんと

moblog_b9d82df3.png


雪と

moblog_b9430dde.png


あかちゃんと

moblog_d2336ba0.png


そして、ボスと

moblog_44bad5b4.png


捨ててしまうなんて出来ない・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
結果待ち・・・
- 2014/09/12(Fri) -
10日の水曜日、市民病院にて検査。
朝10時の予約で耳鼻咽喉科受診。
喉・耳・鼻は異常なし。
CT検査で、頸部リンパ節に腫瘍。
「時間があいてしまいますが、午後3時からなら今日中に検査できます」
とのことで、そりゃ~早い方がいいに決まってるからと検査をお願いし、
一旦家に帰り、午後3時、再び病院へ行き
エコー検査と注射器での細胞採取。
耳下腺と甲状腺の二か所。
怖かったけれど痛みは殆どなかった。
更に、血液検査。
先生の勘違いで、
1種類だけは午前中に血液採取しなくてはいけない検査があったとかで、
支払いは当日にすべて済ませた上で、翌日その検査だけ受けに行くことになる。
二度手間・・・でもそんなこと言ってられない状況・・・
18320円
そりゃ、これだけの検査をしたら仕方あるまい。
お薬は、注射の感染予防の薬を5日分、580円
考えが甘かったから2万円しか持って行っていなかったので、冷や汗もの

翌日、朝一で再度その検査分だけの血液採取に病院へ行く。
受付も通さず、窓口で名前を言うと、優先的に受けることができ
すぐに終わる。

終わって病院内を歩いている時、
「大変なことになっちゃったな・・・」
しみじみそう思う。
「80歳まで頑張ろう」
火曜日に劇団の飲み会の席で、そう盛り上がったばかりなのに・・・
「まだ、死にたくないな・・・娘が可哀相だし・・・」
そんなことを思っていたら、泣きそうになった・・・

細胞検査の結果が分かるのは9月26日、
私のお誕生日の日だ

家に帰ってからは、山口のもっちゃんにすぐにメールで事情を話し、
今月末の山口旅行は一旦キャンセルすることにした。
さて、PCとにらめっこで連続キャンセル。
ホテル・新幹線・高速バス・・・
新幹線と高速バスは500~600円のキャンセル料を取られたが
無事、すべてキャンセルし終える。

こんなにどこにも行かない私が、
旅行に行こうだなんて、変わったこと思いつくから・・・碌なことない・・・
いや、結果が良かったら、また計画するんだから・・・
いろいろな思いがありました・・・

4人に1人は癌にかかる時代・・・
4人家族の我が家でこうなったのが私でよかった、
って、今はそう思っています。

ピカピカの新入社員1年生の娘だったら・・・
やっと困難を乗り越えて社会復帰を遂げることができたのに、
あまりに可哀相です。

夫や次男だったら・・・
どちらが倒れても我が家の家計はあっという間に困窮し
生活再建はとても困難なものになるでしょう・・・

私でよかった・・・
私なら、今は娘も成長し、
万が一のことがあったとしても、
この世でやるべき役割はすでに終わっている。
残りは、お楽しみ付録のような人生だもの・・・

幼い子供を残して、とか、
突発的な災害の被害者の方々のような無念さもない。

私でよかったんだ、再びそう思う。

昨日、ためらいながらも、
セーターとお揃いのマフラー用の毛糸計17玉を購入。
注文確定のボタンを押すとき、
「生きて最後まで編めなかったら勿体ないかな・・・」
そんなことまで思ってるネガティブでケチな自分に苦笑する
そして、思い切って購入

結果待ちの憂鬱な日々を、
編み物で少しでも楽しい日々にしたいと思っている。

明日は娘の傷の手術。

お母さんしっかりしいや
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
連休してます。
- 2014/09/15(Mon) -
13日の土曜日、
娘の手術、無事終わりました

午後12時半に家を出て
1時半過ぎクリニックに到着。
手術は午後2時から。

娘の傷跡は広く、
長い傷跡になります。

「長いな・・・仕方ないな」
先生がそう仰いました。
「はい、でも、いいんです」
娘はそう答え、落ち着いた様子でした。

手術時間は約2時間。
待合室から出て、外を歩きました。

私の方が緊張していたのでしょう。
「忘れたらあかん、あかん」
そう思ってわざわざ自室で充電していたのに
やっぱりスマホを忘れるし・・・

クリニックの辺りは
かつて自己破産直前に、
生活再建のため、ヘルパーとなり
毎日12・3時間自転車に乗って
利用者の家々を何軒も渡り歩いた思い出深い場所でした・・・

「そうそう、このだらだら坂の続く道を、1日何度も往復したっけ・・・」

懐かしさより、あの頃の体のしんどさが
生々しく思い出されました。

昭和モード満載の古い喫茶店でお茶を飲み、
本を読みながら時間を過ごしました。

「大丈夫かな・・・〇子、頑張れ・・・」

涙が出そうでした・・・
「今日がまたスタートの日やからね・・・」

高校でいじめられ続け、
更には家庭崩壊の危機さえも耐えて
爆発した娘の怒りはすさまじく
傷跡も広範囲に及びます。

あの頃の恐怖を思いました・・・

いつ何時、薬をODするか、
アルコールをバカ飲みして暴れるか
リスカで血まみれになった腕を見せにくるか、
24時間、おびえ続けた日々でした・・・

不思議でもありました・・・
永遠に続くように思われたあの恐怖の毎日が突然終わり、
今はこうして、新たな人生を生きるため
手術まで受ける日が来るなんて
夢想だにできなかったのですから・・・

「なるようになるんやな・・・」
「私の検査も、出た結果に応じて、なるようにしかならへん・・・」

静かな気持ちで過ごしました。

なぜか、アカンたれの私が、
全然めそめそすることもなく、
淡々と日常生活を送っています。

昨日、毛糸が届きました
ちょっと、遅きに失した感はありますが
いよいよ、セーターを編み始めます

術後休暇中の娘を見守りつつ
ゆったりとした日々を過ごしたいと思っています。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
背中ぎっくり?
- 2014/09/16(Tue) -
せっかく毛糸が届いて、うきうきわくわく、
さっそくセーターを編み始めようと思っていたのに、
おとといぐらいから、背中ぎっくりとでもいうのでしょうか
きつい背中痛に悩まされています。
仰向けに寝ることもできないし、ちょっとした動きで激痛が走る・・・
昨日も今日も、湿布を都合4枚も貼ってみたけど変化なし。
ネットで調べた首や背中のストレッチも、ほとんど効果なし。

ま、5日の金曜日に大きな病院で精密検査を受けることになってから、
殆ど満足な睡眠がとれていないという、神経質&怖がりのわたしですから
こうなるのも致し方ない・・・(笑)

つまらない休暇です・・・

娘の術後は
痛みは当日夜と翌日で治まったものの
しっかり保護してあるので傷跡の様子はわからないが
とにかく今は腫れがひどい・・・
手の甲まで丸々と腫れていて
赤ちゃんのもみじ手のようだ・・・
痛々しくて、可哀相で、切なくて・・・
娘は
「ひたすら私を苛めたやつらのことを思い出して、怒りが湧いてきて仕方なかった」
そう言っていた。
「一生、絶対、許さないから」とも。

そうだよ。
いい人ぶって、許す必要なんてないよ。
一生憎んでやれ。
一生恨んでやれ。
一生呪ってやれ。

腕に大きな傷を残して、
生きていく娘・・・

お母さんもそいつらのこと呪い続けてやるから。
「不幸になれ、不幸になれ」って呪い続けてやるから。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
休みが明けて・・・
- 2014/09/20(Sat) -
昨日から娘は休みが終わり仕事へ。
痛みも腫れも引きました。
休み中に一度クリニックへ。
経過は順調、抜糸は21日(日)。
傷跡はしっかり保護してあるので様子はわかりませんが、
支障なく動かせます。
昨日1日、仕事にも差支えはなかったそうです。

でも、問題は、お・ふ・ろ
どうやって濡れないように保護して入るか
13日から18日までは、美容院へシャンプーに行き
顔を洗うだけで我慢していたのですが
会社へ行くのにお風呂に入らない・・・
てなわけにはいきませんよねーーー
ネットで「腕・怪我・お風呂」との検索ワードで散々調べて
ゴミ袋で肘から下をすっぽり覆い、
ニチバン防水テープのロールタイプでしっかり口を塞ぎ
いざ、お風呂へ
片手でなんとか全身洗えたようで、
外で待機していた私の出番は背中を洗うだけでした・・・
些細なことでも、不便さは大変なものでした。
お互い協力し合いながら、娘に付きっきりで
何とか乗り越えた術後の日々でした。

娘の背中を洗うなんて、何年ぶりでしょう
親子の密な触れ合いの日々でもありました。

何度か昔の苛めを思いだし、
泣いて怒りを吐き出してくることもありました。
その都度、私は
「五体満足で生き延びてくれただけで、お母さんは何も言うことはないよ」
そう言って背中を撫ぜていることしかできませんでした・・・

いつか、きっと、傷が痛まなくなる日が来る・・・
その日を信じて、頑張ろうね

ずっと娘に付きっきりだった私も、
すごーーーい解放感を味わって(笑)
さっそく秋を探しに外出しました

初めて入った喫茶店でモーニング
moblog_f0aa1e11.png
私がこんなことするなんて年に1回もないことよー(笑)

駅の向こう側を散策・・・

moblog_e7accfbd.png
moblog_4a4a5ae6.png
moblog_4d46e112.png

1時間半ほどでしたが、気分は最高にリフレッシュしました

さぁ~て、26日の検査結果はいったいどうなるんでしょうねーーー

どんな結果でも、私がやることは決まってる。
癌なら治療。
そうじゃなかったら、盛大にお誕生日を祝いましょう~
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日帰りバス旅行?
- 2014/09/22(Mon) -
20日 土曜日、
久しぶりに熟睡し、朝からとても体調が良かったものだから
2か月に1度の、娘の病院について行くことにしました
名付けて「日帰りバス旅行」です(笑)

てんかんとアルコール依存の治療は今も継続中の娘。
てんかんに関しては、主治医は
「そろそろ薬はいらないんじゃないか?」
そう言っているらしいけど、
薬を止めて、万が一でも会社で発作を起こして倒れたら
これまでの努力が一瞬にして水泡と帰してしまう・・・
世間の偏見の凄まじさは、誰よりも本人が理解している・・・
アルコールと薬を乱用していたあの頃の娘。
その副作用で、てんかんとそっくりの発作を起こし、
そのままてんかんと診断されて長年投薬を続けている・・・
そんな例が現在の若者に多々見られるらしいことは
てんかんの権威である先生が仰っていて、
その真偽を判別するには、
入院による精密な検査を経なければならない。

今回の休暇を利用して、リスカ跡の手術か、検査入院か
熟考した結果、娘はリスカ跡の手術を選択したのだった。
「次の長期休暇は、検査入院  」
そう決めているようだ。

アルコール依存に関しては、生涯、断酒が続く・・・
治療薬などない。
就職してからは断酒会に出られなくなったが
今も治療継続中ということだ・・・

大変なリスクを背負ったことになるが
「いいじゃないか、生きていれば・・・」
私はそう思い、娘にもそう言い続けているが
恋愛や結婚、出産・・・
などなど、こらから乗り越えなければならない壁は高く険しい・・・

ま、そんなこんなで、秋日和に誘われて
通院を続けている娘について行くことにしたのです。
不謹慎ながら、ルンルンです(笑)

娘の病院は電車とバス3台を乗り継ぎ乗り継ぎしてやっと着く、
隣接する他市の山の中にあります。
遠いこと遠いこと・・・

でも、基本「乗り鉄」の私としては、
絶好のチャンスなのです

朝7時21分のバスで出発
間もなく、淀川河川敷の絶景が広がります。
moblog_a73ca03f.png

終点について、更にバスを乗り継ぎ電車を乗り継ぎ、
やっと最寄駅についても、そこからまたバスです

こんな住宅街をさらに登って行きます。
moblog_2b1c1b23.png

この日はどんより曇空。
ようやく着いた山の風景も、どんより曇っていました。
moblog_274fb179.png
それでも、朝の秋風はとても爽やかで、気持ちいいーーー

私は先生にお会いしたのは最初の頃に3回。
今日も診察は娘一人。
現在、主治医ととてもいい関係が保てているので
親の私は管轄外で、一切関わらないと決めているのです。

この日は緊急の患者がいたらしく
予約の9時をとっくに過ぎても呼ばれません。
待合室に娘を残し、私は病院内探検 

外のベンチに腰かけていると
入院患者とおぼしき女性2名が会話を始めた。
「後藤さん、死んだで」
「え、なんで?」
「〇病棟でや」
「そうか・・・」
「矢野さんも死んだやろ」
「ああ・・・」
「池上さん死んだんはしってる?」
「え、なんで?」
「自殺やって聞いてる」
「そうか・・・おばちゃんは元気に頑張ってや、死んだらあかんで」
「ああ、頑張るで」
「ちょっと、斉藤さん」

通りがかった男性を呼び止め、同じ話をしている。

場違いな私は、深刻な話の内容を
これ以上聞いているのは失礼だと思い
そっとその場を離れた・・・

凄い会話だな、と思った。
依存の恐ろしさを痛感する・・・
この病院には、どれほどの悲惨な物語が埋まっていることだろう・・・
娘だって、そうなっていてもおかしくはなかったのだ・・・

「早期発見・早期治療」
これが功を奏しただけ。
夫のアルコール依存の経験が、本当に役に立った。
「父ちゃんが、娘を守ったんだね・・・」
人生は妙である・・・

診察が終わり、会計をしていると、
主治医が偶然、自販機にドリンクを買いに来て、バッタリ出くわす。
瞬間、先生が全身で緊張するのが観てとれた・・・(笑)
私はなんでもズケズケ指摘する、非常に怖くて厄介な親なのである。
「お世話になっています
にこやかに挨拶すると、体中の緊張が瞬時にほぐれ、ホッとしたかのように
「いえいえ、何もしてないんですよ。勝手に良くなってくれてはるから」
「はい、お陰様で・・・」
「最小限の投薬しかしないから、呼出しくらってますねん」
「まあ、それはそれは・・・」
「でもまあ、こうやって良くなってくれる患者さんが心の支えですわ」
「ありがとうございます」
「まだ治療は継続していくんで、これからもよろしくお願いしますね」
「はい、よろしくお願いいたします」
初めての穏やかな会話でした・・・
治療経過がいい時は、私だっておとなしいのです・・・

バスで最寄駅に着いたのは、すでに12時を回っていた。

そりゃぁ、もう、ラーメンで決まりでしょうが
診察を待っている間に、ネットで散々ラーメン屋を検索し、
とんこつ醤油味、チャーシューたっぷりのラーメンに決定。
それが、こ・れ・だ 
moblog_de3010f3.png
焦がしニンニクの風味が一段と食欲をそそる。

しかし・・・チャーシューが・・・私の好みとはチト違う・・・
やや、残念

市街に大きな鳥居があった。
moblog_70655a05.png
moblog_6d9024c8.png

「あれ、なんやろ これ、なんやろ
と、キョロキョロ写真を撮りまくっていると、娘に
「お母さんってホンマに凄い好奇心やねーーー
 びっくりするわーーー
そう呆れられてしまいました。
「ええーだってあれもこれも興味津々やん」
「私なんか、ああ、こんなんあるなぁ、それだけしか思わへんよ」
「へえーーー、信じられへんわ

私の新奇探究性は、半端なさそうです・・・

帰り道
「お母さんのお誕生日祝いに、靴とカバン買お」
娘がそう言いだし、とうとう買ってもらいました
それはまたこの次にでも、お披露目いたします 

ああ、ホンマに楽しい「日帰りバス旅行」でした~
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
諸々な日々
- 2014/09/24(Wed) -
21日日曜日は、娘の抜糸の日。
治りは順調だそうですが、傷跡が大きく生々しくグロい・・・
ホントに、胸が抉られるような思いで手当をしています・・・

20日に行った娘の病院の主治医は、
傷跡を手術したことを話すと
「おー、着々と前進してますねー 
そう言って喜んでくれたそうですが、
手当の度に痛々しく生々しい傷跡を見ていると、
ホントにこれでよかったんだろうか・・・
そんな複雑な心境になってしまいます・・・
勿論、娘に私のそんな後ろ向きの気持ちを悟られたら、
余計に娘を苦しめてしまうから、絶対そんな素振りは見せませんが・・・

22日、月曜日。
とても疲れていました・・・
総じて、最近睡眠がうまくとれません。
さっさと家事を済ませ、ボツボツ始めている編み物をして癒される・・・
後ろ身ごろがほぼ編みあがりました。
moblog_e1633289.png


23日、夫以外は全員休みのこの日、
娘に「こんなボロ屋・・・」と言われてから
結構深く傷ついた私は(笑)
かねてから考えていた居間の模様替えを断行
そんなことしたって、ボロ屋に変わりはないんだけどね・・・
17年も使い続けたカーテンを新しくするため
バーゲンで1級遮光のカーテンをゲットし、
猫がいつ何時、吐瀉物や排泄物で汚しても、
笑って後片付けできる程度に安物の絨毯を買い、
猫がいるため不衛生になってしまう炬燵は止めて、
暖房は石油ストーブと電気絨毯のみにしているので、
その電気絨毯のカバーカーペットも新調し、
昨日は、いざ、次男の力頼りにすべて模様替えした
とても明るくてすっきりした、居心地のいい居間になったと満足~
壁は所々剥げ、隙間風が凄いけど、ま、いいや~

問題の、我が家の猫事情は、
2日に一度はうちにお泊りしていた「あかちゃん」が
姿を見せなくなってすでに10日が過ぎようとしています・・・
私も少しは賢くなって、
「あかちゃんは、どこかのだれかに飼ってもらって幸せに暮らしている」
無理からそう思い込むようにしています・・・
探せるはずもなく、消息の事実を知ることすらできないのなら
幸せを信じるしか仕方ありません・・・
いや きっとどこかで幸せに暮らしているのです

娘は猫に振り回されていると思っているようです・・・
そうですね・・・
バカな親です、わたしは・・・
一生、ここで、猫に振り回されて生きていくんでしょ・・・わたしは・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おめでとう!自分!
- 2014/09/27(Sat) -
26日、朝8時前に家を出て病院へ結果を聞きに行く。
さすがにドキドキする・・・

病院に着いてみると、
老朽化が進んでいた病院の建て替えが、
平成23年から隣接地で行われていたのだけれど、
この9月22日に開院し、外来診察は24日(水)から始まっていて
ついこの間検査に行ったあのボロい病院がまるで嘘ように
立派な新病院に生まれ変わっていた

moblog_7a9f355c.png

建物は地上7階、地下1階で延床面積3万1663平方メートル

どこもかしこも、ピッカピカ

moblog_05b1b69f.png

ここで結果を聞くのだけれど、
職員も患者も新館内に慣れていなくて、
みんなが浮き足立っているみたいで、
ウロウロあたふたしている様子がとても可笑しかったー

9時20分、診察開始から2人目に呼ばれて、なぜか処置室に・・・
ギョまた痛いことされるのかしら・・・

結論、
「細胞検査では、悪いものは何も見つかりませんでした」
とのこと。

万歳~
癌じゃなかった

「ただ、なにが原因か今のところ分らないので、
 2か月後にまた超音波検査を受けてください」と・・・

「白血球の数値がやや高いですね・・・」

「先生、それ、私20代からずっとそういわれ続けているんです」

「結核でもこんな風になるんですが、それも大丈夫でしたし・・・
 甲状腺の腫瘍マーカーが少し高いですが、
 今のところ、何が原因か、わかりませんね~
 このまま大きくなっていくようなら、手術で取って調べるしかありませんね」

「はい…その時はそうします・・・」

今はまだそんな気になるほどの大きさではない。

取り敢えず、今はなんでもいいよーーー
癌じゃなかったんだから~

11月10日午後からの検査を予約。
今日はたったの220円でした(笑)

帰り道、素晴らしい秋晴れのバス通りを
気分も軽く2駅分歩き、秋を満喫致しました。
凄ーーーい開放感でした~

moblog_0ba68e85.png

バスに乗り込み、
さっそく心配してくれている人たちに報告のメールを入れる。
もっちゃん、娘、次男、姉、
メールが苦手な夫には家に着いてから電話で。

そして、1人で、気持ちだけのお誕生祝です
おめでとう 自分

moblog_704f9947.png
moblog_ee1f6089.png

忘れられないお誕生日になりました。
「結果OK」が、最高のお誕生プレゼントでした~

80まで芝居やるぞーーー (笑)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |