FC2ブログ
2月1日
- 2015/02/01(Sun) -
今日から2月。
見るからに寒そうなテンプレートに替えた。
昨日の夕方、まさしくこんな感じに急に雪が降った
丁度、日没後の5時半ごろから・・・

ベランダを開けると、雪。
そして、びっくりするほど寒かったので
さすがにジョギングは中止した・・・
あ~、つまらない・・・
走らなかった日の夜はやたらと長い・・・
エネルギーが燃え尽きず、
身体の中でブスブス燻っている感じがする、
って、どえらい元気なこっちゃで~

2月は
取り敢えず、頸部手術の見通しを立てること。
母のショートステイに向けて、姉をサポートすること。
割引入場券を買った、京都水族館へ行くこと。
そ、家族4人分、ずいぶんお得になっていたので、
思わず買ってしまったのは、わ・た・し・・・
3月末までの期限。
寒いし3月にするか・・・

「入院が決まったら、知らせるね」
そう言っていた例の、
病院からの帰り道に知り合ったおばちゃんから
何の連絡もない・・・
悪い想像ばかりがふくらむ・・・
怖くてこちらからはとても電話できない・・・

知り合った次の日に、さっそく電話があり、
「退院したら、ランチしてカラオケ行って、一杯飲もうね」
そう言っていたのに・・・
「昨日はありがとう。ホンマに優しくしてもらって、凄く嬉しかったんよ」
そう言っていたのに・・・

「私もまた医療センター行くし、その時お見舞いに覘くね」
そう約束していたのに・・・

来週9日月曜日、
医療センターへ行くのに・・・

でも、事実を知るのはとても怖い・・・
どうか、死にませんように・・・
どうかお願い、神様・仏様・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
時速7㎞って・・・
- 2015/02/02(Mon) -
土・日と2日続けてボスが来た

moblog_d76de3b9.png

やはり怪我をしていた・・・
結構深い傷だった。

moblog_64b00ebf.png

この写真は日曜に撮ったもの。
土曜に来た時、餌に抗生物質を混ぜて与えたところ
日曜にはすでに化膿も治まってきている様子だ・・・

2日間続けて投薬できたので、
今日も来てくれることを祈る・・・
抗生物質だからせめて3日は続けないとね。

昨日は晴れていたので、太陽が沈む前の午後4時半、
公園のランニングコースへ行く。

moblog_006c3252.png

さっそくスマホのタイマーで1分間の距離を測ってみる。
・・・1分間で120m。
じゃ、60分で・・・7200m
時速7キロって、相当遅いよな・・・

でも、いいや~
スロージョギングのモットー、
「ニコニコペースでフルマラソン」

動画で解説、スロージョギング
http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=2242425

フルマラソンって・・・
私の最終目標はデカい・・・(笑)

今は余裕で5㎞は走れるので、
2・3月あたりの5㎞走のある大会に
初エントリーしようとずいぶん探したが、
すでに締め切っているものばかりだった・・・
締切ってこんなに早いのね…知らなかった・・・
で、4・5月で探そうと思って、
「いや、待てよ。4・5月は手術がアルじゃん
ということで、今年後半までエントリーはお預け・・・

まったく、舞台は出られないし、エントリーもダメ、
四柱推命と六星占術の占い通り、
「今年前半は自殺したくなるほど最悪の年」
ってこと(笑)

いえいえ、今のところな~んてコトないですから

ただ黙々と走り続けますだーーー
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
姉の気持ち
- 2015/02/03(Tue) -
今週、ショートステイの施設見学に行く予定だったが、
月曜になっても姉から連絡がないので、
ケアマネさんが忙しくて忘れているのではないかと思い、
姉に電話を入れてみた。

「もう、ショートステイじゃなくて、
 入所できるところじゃないと無理やわ

姉が相当パ二くっている・・・

「えっついこの前会った時よりそんな急激に悪くなったの

姉が言うには
2月3日が母のお誕生日なので、
1日の日曜日に、
姉の長男夫婦がケーキを持ってお祝いに来てくれたらしい。
ケーキを食べた後、
姉は買い物や夕食の支度に忙しくて気がつかなかったのだが、
ずっと台所に座っていた母は、
ズボンも椅子の座面も濡れるほど大量の尿をしていたという。
その上、「着替えすら自分でキチンとできない」と言う。
私は、紙パンツをはかせ、服は上から下までこちらで準備して
介助しならが着せるのは、当たり前のことだと思っていた。

そして、「朝から何も食べてないからお腹すいた」と言い出したり
昼前に外出した姉の次男のことを
「○〇は、まだ寝てるのか」と言ったり
話がとんちんかんになるのは仕方のないことなのに、
諸々そんなことがあり、姉は大変なショックを受けているのだ・・・

うむ・・・
認知症の在宅介護の現場では
もっといろんなことが分からなくなっている人たちを看てきたし、
昨年12月に姉宅へ行った時、
姉がジムへ行っている間、母とふたりだけで2時間過ごしたが、
すでに、5分前に私が話した私の入院・手術のことも、
聞いてもすぐに忘れてしまい、
「ほんで今日は何の用や」と何度も聞き返され、
「医療センターへ行ったんや」と
繰り返し繰り返し話したことがあったので、
なぜ姉が今更そんなに驚いているのか
聞いてすぐには気がつかなかった・・・

あとで気がついたのだが
同じ介護していても、隣のおじさん隣のおばさん、
そういう人がだんだんだんだん悪くなっていく場合には、
「ああ、本に書いてある通りに悪くなっていくんだな」
って客観的に見れるが、
自分の親になると、感情がそこへ入ってしまって、
姉自身が母の認知症を
まだまだ受け入れることができないでいるのだと思った。

よくなってもらいたい、元気になってもらいたいという、
期待感もあるだろう。
あんなにしっかりしていた親が、
「何でこうなるの
「昨日できたことが何で今日はできないの
そんな大変な葛藤もあるのだろう。

そして、自分がこれから通るであろう道を
まざまざと日々見せられているわけだから、
自分自身が相当切なくもなるだろう。
「こんな風になっていくのか」って・・・

元気になってもらいたい。
よくなってもらいたいっていう気持ちがあるから、
強くも言いすぎてしまう。
声が大きくなったり、「そうじゃないよ、こうでしょ」って。

耳が少し遠くなってきているから、
自然としゃべるときの声が大きくなるし、
ゆっくり話すようにはしているんだろうけれども、
会話がどうしてもとんちんかんになって、
多分、相当感情が入ってしまい
ついつい大声になるのだろう・・・

私は、早くに家を出たし、
自分が抱えてきた様々な精神症状の問題を
長い年月をかけて乗り越えていく過程で、
母への愛と憎しみの葛藤は
すでに乗り越えてしまっている・・・

だから、私はすでに当事者ではなくなっている・・・
第3者の、しかも介護経験者という
極めて客観的な目で母を看ているのだと思う・・・

それはそれで、なんだか
「悲しくもあり切なくもあり」なのかもしれない・・・

姉のケアが、最優先
今はそう思っている。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あれもこれもどれもこれも・・・
- 2015/02/05(Thu) -
3日火曜日。
朝一で姉から電話があり(数十年ぶりwww)
「2軒の施設と連絡が取れたので、見学に行くから」と。
待ち合わせは午後1時15分、乗換駅のホームで。

お互い1時には落ち合い、時間があるので喫茶店に入る。
私はずっと考えていたことを切り出す。
「今はたまの失禁が1番の悩み?
 ホンマはお母ちゃんがどんどん呆けていくのを
 見ること自体が怖いんとちゃうかな?」
「そうやねん・・・」
今日、施設を見に行っても、預ける踏ん切りがつくはずもなく、
ただの気休めだと分っているようだった。
「せやな・・・ゆうてもまだ初期やもんな。
 でも、日に日に悪化していくのを目の当たりにするのが、
 くらくらするほど、怖いんやろ・・・
深刻な顔と顔・・・
これからの介護の道筋がまだなにも見えてこない。

1軒は入所のみで、開設して半年、
職員が皆、異様に若い・・・
私の中では、即×
もう1軒は、デイ・ショートステイ・入所が
一貫しているとの説明があり、
職員もベテランが多く、施設内の雰囲気もとても明るい。
見学していくうちに姉の表情も安堵の色を見せ始める。

私からはどうしても言えなかったことを
施設管理者の女性がさり気なく話してくれた。
「とんちんかんな会話でも、否定したり指摘したりしないことが
 1番大切なんですよ」
「そうやったね~と受け入れることが、患者さんのストレスえを軽減する」とも。

姉は深く項垂れて黙って聞いていた。
ほんのちょっとでいい、分ってくれたら・・・と願う。

ここは姉も私も気に入り、11日にまずデイの見学に
母を連れて3人で行くことを予約する。

帰り道、
「何となく、道筋見えてきた気がするね」
「そうやね。ショートステイから始めるわ」

私もホッとして家に着いての夕飯時。
姉からメール。
「施設から電話があって、デイの送迎はここまではしてないって」

えええーーー
最初に確認したじゃない
11日の見学はキャンセル、再び迷路に落ちる・・・
なんてことだ・・・

また一からやり直し。
施設を探すところからやり直し・・・

4日の昨日は久しぶりで血圧が異常値を示し、
ジョギングにも出れず、ゆるゆる家事をして過ごす。

この期に及んで、走ることすらままならなくなるなんて、
さすがに昨日はちょっと凹んだ

あれもこれもどれもこれも、上手くいかないなぁ・・・
しかも、血便・下痢が続いている・・・
9日受診で医療センターが終わったら、
次に転院する病院の消化器内科にも行かなくては・・・

マジ、「最悪の年」が進行中なり・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
なかなか・・・
- 2015/02/06(Fri) -
投薬3日目のボス。

moblog_2fd332b3.png

3日間続けて来てくれて、一応治療終結。
でも、それ以来姿を見せない・・・
雪は降らなかったようだが、今朝もとても寒い 
ちゃんと寝るところ確保できているのかい・・・

昨日は血圧も安定 
火・水の異常値はなんだったの  
そう思うくらいの低い数値だ。
念のため、もう1日休養日に充てる。
のんびり家事をし  のんびりお風呂に入り 
早めの夕飯に  早寝・・・

昼間、電話とメールで、姉と次の施設見学の相談をする。
土曜日、午後1時半から、
デイ・ショートステイ・入所のある施設。
実家からも近いが・・・しかし、ここは特養。
誰でもすぐに入れるわけではない・・・

「特別養護老人ホーム」は
社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設。
対象は、65歳以上で今は要介護1~5の認定だが
4月からは要介護3以上になる。
要介護3って・・・相当だと思うけど・・・

しかも、寝たきりや認知症など比較的重度の人、
緊急性の高い人が優先となるため、
入居待ちが非常に多く、
全国の入居待機者数は約40万人とも言われている 
入居までに早くて数ヶ月、
長い場合だと10年ほどかかることも  

勿論、公的施設である「特養」、低料金で利用できるが、
個室ではなく相部屋。
母には到底、無理だと思う・・・

姉にそのことを言うと、
ケアマネに施設一覧のバンドブックを貰っているので
またゆっくり探してみる・・・とのこと。

「疲れたわ・・・」
「せやね・・・別に急がんでもいいやん。
 いざという時のための準備を、ぼちぼちでもして行ったら
 少しでも気が楽になるかもしれんしね」

これまで、家族関係で揉め事などなかった姉は
とても打たれ弱いところがあって、
紙パンツを穿いているかどうかの確認すら、
ちょっと反抗されると
「もう、よう言わんわ・・・」
と落ち込む・・・

姉にとって人生最大の試練の時なのだ・・・
介護鬱にまで落ち込む前に、
なんとかサポートしていきたいと思うものの、
姉も、なかなか、
一筋縄では行きません、です・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
分っているなら・・・
- 2015/02/07(Sat) -
昨日は姿を見せてくれたボス

moblog_e0385e38.png

moblog_f58cf062.png

傷の瘡蓋がとれかかっている・・・
ということは・・・順調な回復ぶり、かな

身体も顔もでっか~いボス。
チロッと見せた舌も大きいわね~(笑)

moblog_22a025ed.png

昨日も血圧安定、
お腹もやっと少しづつ調子を取り戻してきた
頑張りすぎなんだろうな・・・
多分、私、今、
今生最後のチャンスと言わんばかりに
あの家族の一員らしいことがしたくて、
それこそ全身全霊、全神経を研ぎ澄ませて、
母や姉と接しているのだと思う・・・

姉に、不快な思いをさせないように、
少しでも役に立つ妹であろうとして、
例えそれが仮初のものであってもいいから、
このことをきっかけにして、
仲よさ気風な姉妹として
ともに残された人生を送れれば、
って・・・必死なんだと思う。

しかも、今のこの一連の問題が、
落ち着くべきところに落ち着いたら
再びあの子は元に戻るだろうと、
うすうす予測しているにもかかわらず、だ。

やめときゃいいのに、心の声がそう言っている・・・
それで半端ないストレスがかかり、
血圧の異常や血便、と、
身体が悲鳴をあげている、
そう分っているのに・・・

今は、ワンコールで私の電話に出る姉
着信履歴を残しても、
何の音沙汰もなかったあの子が、だ。
メールは殆どが無視。
電話なんて、何十年もかかってきたことすらない。
勿論、我が家を訪ねてくることなんて、あるわけないし・・・

自分が、こんなだから・・・
(どんなだというのか、自分に聞きたいwww)

長い間、そう思っていたが、今は、
姉って、実家の家族関係そのものから
ずっと逃避して生きてきたんだと思っている。
ずっと一緒に暮らしてきた母とも、
会話らしい会話を殆どしないまま
長年生活してきたのだから。

夫や息子たちとの関係や、
勤めていた会社での人間関係などは、
極々普通に見えるのに。

姉にとっても、あの家は、
到底まともな神経では
生きていけない場だったのだと思う・・・

今また、懲りることを知らずに修復に努力する私は
愛情乞食

いえいえ~
分っていて、それでもいいって
そう思ってやっていることなんだから
せめてひとつやふたつ、
今生にいい思い出を作って死にたいから、
自分のためにやっていることなんだから。

ま、身体を壊さないように慎重に
そろりそろりとおやりなさいよ。

・・・そういうこと
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ああ・・・
- 2015/02/08(Sun) -
昨日は姉と特養の見学。

駅へと向かう道すがら、とても綺麗な色の花、そう思って・・・

moblog_3117eff7.png

午後1時40分、最寄駅で待ち合わせ。
30分前には着いて喫茶店へ。

moblog_ffde2a8d.png
ここの珈琲は安くて美味しい

特養は、
キツかった・・・
介護保険ができる前からある古い建物、
ということもあったのだろうが、
4人部屋の、縦2列にベットが並んだ
そう、丸っきり病院・・・
仕切りはカーテンのみ。
私物を入れる縦長のロッカーとベットサイドの小さな棚。
そう、丸っきり、古くて暗~い病院・・・

入居者はほぼ全員が車椅子だった。
一様に頭を垂れ、黙って座っている・・・
怖いほど静かだ。
1階のデイは担当者が居らず見ることが出来なかったが、
2階・3階・4階と案内してもらう。
上の階へ行くほどに要介護度が上がっていく。

すべてを見終った時、姉がふらついて壁に手を付いた。
私は言葉を失い、担当者の説明に
うんうんと頷くのが精いっぱいだった・・・

キツい・・・
長寿が目出度いなんて、
お金のある人しか言えやしない・・・
しかも、それでも入居待ち100人だとか
入居できるまでに死んでるわ・・・

もうすでにこの国の高齢化対策は破綻しているのだ。

暗い気持ちを胸におさめ、母に会いに実家へ寄った。
姉は買い物と夕飯の支度に忙しい。
私と母と、2時間ほど昔話に花を咲かせ、
ふたりで何度も大笑いした。
母の目が、笑うたびに生き生きしてくる。
それが嬉しくて、私はずっと戯けていた。

「あんた、まだ帰らんでいいの

長々と話し込んでいたものだから、
しびれを切らせた姉に帰るように促され、
午後5時過ぎ、やっと帰宅の途についた。

ああ、もう、ため息しか出ない・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ただただ・・・
- 2015/02/09(Mon) -
今現在-1℃、寒いです

de26.jpg

昼間も7℃くらいと、1日中冷え込みそう・・・
今日は医療センターへ行くから、しっかり着込んで、
マスクして、手袋して、ストールして・・・

気が重いです・・・
また転院の話をしなくちゃいけません。
後悔しないために、頑張りますが・・・

今日は姉の夫がお休みの月曜日なので、
すぐ近くまで行っても実家には寄りません。
姉の夫婦関係はまあまあ良好で、
お休みの日はいつも一緒に
大型スーパーへ買い出しに行くそうなので
お邪魔しちゃ悪いですから。

・・・というか、
姉の夫である人は、10代の頃の私の
元彼なもんで・・・(笑)
どうしてもの冠婚葬祭以外は、
会うのを避けています・・・

若い時って、残酷じゃないですか~
振っちゃった後は電話にも出たくなくて・・・
でも、何度もかかってきてて・・・、
姉曰くは「可哀相で」
姉が話を聞いていたらしくて・・・
で、デキちゃった、という訳・・・

もーーー
なんでよーーー
って、当時はホント、イヤでイヤで・・・

ま、今じゃすでに笑い話ですけど、
やっぱりついつい避けてしまいますだ・・・

さて、
おそらく医療センターに入院しているであろう、
例の、道を聞かれて話し込んだあのおばちゃん・・・
受付で聞けば病室はすぐに分るのだろうけれど、
向こうから連絡が来ない以上は、
お見舞いには行かないことにしました。

来て欲しくないからこそ、連絡してこないのだから、
「お見舞い行くね」
との約束は無効だと思います。
ただただ、大したことなく在って欲しい・・・
そして、退院したら、
「ランチして カラオケ行って 一杯飲んで~
あの時の約束通り、一緒に楽しみましょうね・・・

ただただ、祈っています・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お願い!
- 2015/02/10(Tue) -
今朝も-1℃・・・

de2.jpg

机に向かっていると、膝の上あたりがジンジン冷える・・・

昨日、医療センターへ行ってきたが、寒かったわ~
体感的には、この冬一番、だった。

早めに家を出て、最寄駅に着いてからお茶タイム 

moblog_5c0d7f21.png

転院の話をしなくちゃいけないことに緊張していて
家に居ても落ち着かない。
それにしても、1時間も前に着いたのは
流石に早過ぎ、でしょうに・・・

しかし、すべからく、「案ずるより産むが易し」
すでに電話で転院希望を伝えてあったので、
先生との話はスムーズに進んだ。

「多形線腫について、初めて聞く病名だったので、
 家に帰ってから自分なりに調べてみたりもしまして、
 手術は覚悟したんですけど、顔面麻痺がとても不安で・・・
 で、手術の症例が多いところで受けるのがイイかなと思いまして。
 ま、万が一を考えて、というか、自分の不安解消のため、というか・・・」
「そうですね。そう希望されるなら・・・
 場所も下の方だし、小さいし、それほど心配されなくても大丈夫ですよ」

ああ、スムーズに言えた~
随分、家で練習をしたのだ(笑)
あからさまなことを言って、なにもこの先生に
不快な思いをさせる必要はないのだから、
そう思って何度も何度も練習したけど、
これで良かったかな・・・

私も少しは大人、なのだ(笑)

次の病院は、来週月曜日、午前10時の予約。
ようやく手術日が決まりそうだ。

地域医療連絡室で予約をとってもらっている間、
約45分間、病院内をあちこちウロウロしながら過ごした。

心のどこかでずっと彼女を探していた。
再び、偶然会えたら・・・
恐れる気持ちと、期待する気持ちと、
両者の間を複雑に揺れながら、
似たような人に出会うたびに
ドキッとして何度も立ち止まって・・・

そんな偶然があるわけもなく、
彼女の無事を祈りながら、
後ろ髪をひかれる思いで、病院を後にした・・・

ああ、
神様・仏様、
居るならどうか彼女を助けてください・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ε-(´∀`*)ホッ
- 2015/02/11(Wed) -


 
寒さ一段落、だって~~~ε-(´∀`*)ホッ
昨日の夜のジョギング時点で
すでに寒気は去ってる感じだった。
手袋、暑くてすぐに取ったもの。
 
忙し過ぎる娘と、
全くコミュニケーションとれないこと。
また、仕事でチョンボした夫。
収入ガタ落ちで、胃を直撃されてること。
健全なる心身が、
また、また、遠ざかる~~~
遠ざかる~~~
 
強くなあれ、強くなあれ、
強くなって、天まで走れ~~~
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
もういい・・・
- 2015/02/12(Thu) -
昨日はズドーンと胃を直撃されて、
1日中、胃痛に悩まされました・・・

ホントにねぇ・・・
理解に苦しむようなミスを犯すんですよねぇ・・・あの人。
昔っからそうだったんだけど、
性格だろうから、治りませんねぇ・・・

ガスター10を2錠づつ、数回飲んで痛みを紛らわす・・・
ガスター10はその名の通り、1錠10mg
医者の処方するガスターは、1錠20mgだから、
市販のものは2錠飲んでも大丈夫なの。

夕方、1日中何も食べられなかったので、
走るのは諦め散歩に出る。
冷たい外気が気持ちいい~

花が咲いている・・・

moblog_62ff1225.png

moblog_00911e83.png

綺麗・・・
心癒される・・・

もう、いいのよ、あなた・・・
分っていることだから。
分ってここまで一緒に生きてきたんだから・・・

深まっていく夕闇とともに、
シーンと静まりかえったような諦念に包まれていく・・・

そ、もういいのよ・・・
なんとかなるわよ、これまで通り・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ルンルン、ランラン~♬
- 2015/02/14(Sat) -
一昨日、
私がよく散歩に行っていた近くの自然公園で
2月の22日・日曜日に、東北復興支援のための
チャリティマラソン大会が開催されることを知った。

勿論、エントリーは昨年12月で締め切られているので
参加することはできない・・・う~ん、残念 
でも、大会実行委員会のHPを見ると、
設定されている公園の外回りコースを走ると
1周が約5㎞であることが記されていた。

ギャッ超・素敵やん
今の私にピッタリやん

ということで、さっそく昨日、
日没前の1時間、
そのコースを確認しつつ走ってみた。

それが、これだ 

run.jpg

運動公園ではないので、
コースの地形形状上、起伏があったり、
コースが狭くなったりしている所もあるが、
緩い登り坂は筋トレにもなるしさ~

約10kmコースの実測は10.1km、
約5kmコースは実測5.05km、
文句なしの最高のジョギングコースでした

moblog_7f23569f.png
moblog_906bf738.png

もうこれからは、
舗道もない危険な道を
車の排気ガスを吸いながら走らなくてすむわーーー

まだとても10㎞は無理だけど、
2周・10㎞を目標に、
四季の移り変わりを肌で感じながら、
ルンルン・ランラン~練習に励みますだーーー

最高にハッピー~
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イライラ~(^ω^#)
- 2015/02/15(Sun) -
ああ、理由が分からないイライラ、
朝起きた時からずっと。
 
たぶん、たぶんだけど、
明日の病院行きが
ストレスになってる気がしないでもない。
 
全身麻酔の手術って、
やっぱり心身共に負担だし…
なんとか回避できないかって、
今更ながらの
悪足掻きをしてるのかもね~
 
午前中、
カレーとサラダとスープの夕飯仕込んで、
それだけで
すでにもの凄い消耗ぶりの今です…
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あらま~(゜Д゜)
- 2015/02/16(Mon) -
今、目が覚めました、5:53分。
夫は仕事に出掛けた後…
 
あらま~大寝坊です。
( 'ω')ギャァァァァァァ~~~
 
慌てて夫に電話を入れたところ、
「よう寝てたなぁ(笑)」
自分でお弁当も作った、って。
(なんや、自分で作れるの~?)
 
年に1度もない大寝坊。
病院行きのストレスは、どこに?(笑)
昨日の夕方のジョギング&温泉ごっこの効果?
 
ま、心身ともに、元気いっぱい病院へ行ってきますわ~
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
悩ましいわ・・・
- 2015/02/17(Tue) -
病院、行ってきました。

moblog_ddbfdb2d.png

・・・当然の如く混んでいました。
で、予約の時間より45分待ちでの診察。
待たされてももう腹も立たなくなっている・・・
なにしろ、結論を早く出したいのだ。

いつ頃から腫瘍に気が付いたか、
大きさに変化はあるか、
痛みや炎症の有無など
簡単に私の話を聞き、触診。
次に、持ち込みデーターを研修医とともにじっくり眺めて
先生曰く、
「95%、側頸嚢胞か単形性腺腫、
 癌化する多形線腫ではないと思われます。
 手術で取り出さないと確定診断はできないから
 100%とは言えないが、悪性化の心配はほゞないですよ」
とのこと。
ホーーー

「手術で麻痺が起きる確率は2割、それも6週間ほどで回復する」
「ここの年間100例近い症例では、8割は術後全く麻痺は起きていない」
「ましてや全麻痺など全く心配いらない」

なんと力強いお言葉・・・

「多形線腫なら100%手術ですが、そうではないけれど、
 手術、どうされますか

殆ど心配のいらない良性腫瘍だが、
肥大化していく可能性が無きにしも非ず・・・

わたし、思わず
「手術します」って言っちゃって・・・

ふたつの追加検査の手続きに、手術説明、
入院日の決定、術前検査日の調整、入院申込み、
入院までにする手続き、等等・等等・・・

沢山の書類を貰って、
頭がこんがらがるほど一杯説明聞いて
ガックリ疲れて、ふと我にかえり

「果たして今の状態で、全身麻酔に顔に大きな傷跡まで残る
 そんな手術を急いで受ける必要があるのかしら」と・・・

耳の前からS字状に耳の下を通り
首の下までほゞ20㎝を超える大きな切開・・・

悩ましいわ~
経過観察で十分だったんじゃないの~

一応、入院日数が最少ですむのは木曜手術なので
空いていたのは5月13日入院・14日手術、
で、申し込みはしてきました。
約3か月待ちです・・・
でも、関東の方じゃ、名医と言われる人の手術待ちは
なんと1年らしいので、
ま、こんなもんかなと・・・

あれよあれよと事が進んでいますが
まだまだ悩ましい気持ちです

ま、看護師さんは
「もっと後でも手術のキャンセルはできるから」
と仰っていたので、
しばらくは流れに身を任せて進んでみます・・・

次は2月24日
これまで受けてこなかった唾液腺なんとかっていう検査です。

ぁ、食費・消耗品・レンタル料などを含まず
かかる費用は24万円チョイ、だそうです・・・
ギョエーーー

選ばれし10万人に1人の病・・・
ホンマにもう~もっとエエことで選ばれたかったわーーー 
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
そろそろ・・・?
- 2015/02/18(Wed) -
今朝は4.5℃、昼間は8℃止まり。
曇り時々にわか雨の寒い1日になりそうです。
昨日は2度にわたる地震・・・
原発再稼働報道が相次ぐ中、
腹が立って仕方ありませんでした・・・

どこが安全やねん
「電力会社を破綻させて日本経済を混乱させるよりは、
 本当は世界一安全とは言えないけれども、 
 福島第一での事故前よりはそこそこ安全性を高めた原発を、
 事故が起こらないように祈りながら
 騙し騙し使って行くのが日本経済にとって一番良い」
はっきりそう言えば

・・・あんまり怒るとまた血圧が・・・

気分転換に昨日もジョギング
公園は梅が咲き頃を迎えています 



ちょっとコースを変えると、梅林があるんだけど・・・
今日にでも行ってみるか~

ジョギング中、まだ幼さの残る少年と出会いました。

猫と少年

moblog_8c5eb8fc.png

彼は6歳。
来年1年生になるんだそうです。
とても優しく猫を撫ぜていたのが目にとまりました。
この年代の、しかも男の子にしては、
不思議な優しさを持っている少年でした。

ジョギングを中断して、縁石に腰かけて
暫し、お話・・・

「公園に猫いっぱい居るの知ってる
「知ってる。おばちゃん、みいちゃ、って猫ここで拾って飼ってたよ」

スマホでみいちゃの写真をいっぱい見せる。

「ふ~ん・・・可愛いな。実家に猫4匹居るねんで」
「ふふふ、おばちゃんちも、5匹居ったことあるで(笑)」
「家は飼われへんねん・・・」
「そうか・・・でもここに来たらいっぱい居るから」
「そっと撫ぜたら寄って来て舐めよるねん」
「うん、優しくしたろな~」
「あ、舐めた
「膝舐めてるな~」

バイバイ~って手を振って少年と別れ、再びジョギング
多分、家から走って、ぐるりと公園を丸々1周しているから
距離にして6キロはいってるんじゃないかな

そろそろ2周10㎞にチャレンジするか

う・・・ん、
ぶっ倒れてもいいように、家人がいる日曜日にします・・・

あの少年に、また会えるかな~
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
全くもう・・・
- 2015/02/20(Fri) -
2月に入って、
血圧が上がることが3度ほどあったので
そろそろ頓服もなくなりそうだったし、
一応貰っておこうと思い
昨日、久しぶりでかかりつけ医の元へ。

しばらく検査をしていないこと。
しばらく音沙汰なかったこと。
最初っからなんだかやたらとキレてる医者

これからまだまだ病院で
2月24日、3月11日、4月7日と
様々な検査が続くので、
それらが一通り終わるまで
ここでの検査は待ってほしい。
そう言っているのに、
なかなか納得しようとしない・・・
順番に諸々の検査をしていく、
そう言ってきかないのだ・・・

ま、最終的には納得させたけど
・・・これじゃあ、主治医も変更だな・・・

手術のことはうちは関係ない
的なことばかり言って
関係ない訳ないじゃない
患者である私の身に起きていることなんだから
他院での検査等、
連携とって診察するのが当たり前じゃない

ましてや、10万人に1人とかいう腫瘍で
私がこの数カ月間どんな思いで過ごしているか、
関係ないってどういうことよ
想像力のかけらもないじゃない

穿った見方をすれば、
自分の医院で検査しろ検査しろって
それってお金儲けのため
そう思われても仕方ないんだよ

やってらんないから、また医者探しだ。

著しく気分を害して帰宅。
病んでいる弱者である患者に「寄り添う」ってこと
そんな、人間として当たり前のことすら
できていない馬鹿医者が多すぎる

だいたいが、社会的エリートコースを
順調に歩いてきたからこそ、
医者なんてやってんだろうから、
そもそもが勝者であり自信過剰の塊なんだろうし。
余程、自分の立場を自覚して
想像力と内省力を育んでいかないと
到底、「弱者に寄り添う」なんてこと出来やしないんだから、
そこらへん、よーーーっく自覚しなさいよ、馬鹿医者ども

腹が立って腹が立って
夕方まで体調不良が続きました、とさ・・・

全くもう・・・
怒りまくるあたしも、
そこそこにしておきなさいよね・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
どんだけ・・・
- 2015/02/21(Sat) -
昨日のジョギングの時、コースを変えて梅林へ行ってみる。
梅林に近づくにつれ、なんともいえない芳しい梅花の香りが
あたり一面に漂っている

moblog_fdd5efe8.png
moblog_d4e03be3.png
moblog_af5a21fb.png

もうもう満開~
優雅なジョギングになりました。

家に帰って、1月に植えたドリフトローズを見に行くと・・・

moblog_1382fd66.png

植え付けした時は、こんなだったんだから

moblog_e43352d3.png

確実に育っているよね~

キャーーー
もう、どないしましょ~の凄い喜び~

ウキウキつながりで、バレンタインデーに娘に貰ったチョコの包み紙。
moblog_57cdc3d0.png

バレンタインデーに、家族にチョコを送るのは毎年のことだったけど、
自分がチョコを貰ったのは生まれて初めてで、
嬉しくて大切にとっておいた包み紙。
それで小さな小さな鶴を折って飾ってみました

moblog_18f89c44.png

あとで、「どんだけ乙女や・・・」と、自分の歳を鑑みて
ガックシ肩を落としておりましたが・・・

最近しみじみ思うんですが、
幾つになっても自分の中には
常にちっちゃな子どもが潜んでいるものなんですね・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
楽しみ(((o(*゚▽゚*)o)))
- 2015/02/22(Sun) -
今日は家族で京都水族館へ行きます。
凄く楽しみです~(((o(?´▽`?)o)))
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
う・・・ん
- 2015/02/23(Mon) -
小雨降る日曜の午後、行ってきました京都水族館。

moblog_94dd4b96.png

こじんまりとした、京都らしい水族館です。
そ、あの、小皿や小鉢が沢山並んだ京料理に似ています。
海遊館へ行った時の
「おおーーー的な壮大さは全くありませんが、
ゾーンごとに分かれた展示で、
コンセプトは、丹波の山々や芦生原生林に降った雨が湧水になり、
小川になり、やがて大きい川となって、最後は海へ流れこむ。
こうした源流から海にいたるつながりと、
多くのいのちが共生する生態系を再現しています。
ひとつひとつの水生生物をしっかり観察でき、
学術的価値高し、って感じかな~
期間限定での3Dマッピングなど、
光や映像の工夫も随所に見られましたが、
原色の強いアニメみたいで、私は好きではありませんでした。

moblog_863fe23b.png
moblog_9f3f2213.png

ついでに、イルカショーまで観ましただーーー(笑)

moblog_6560e701.png

帰りは6時半、すでに暗くなっていて、イルミネーションが水族館を飾っています。

moblog_8f220fe1.png

お土産は、実用的な家族分のレンゲ。
うち、何故かレンゲが無かったんですよ・・・

moblog_153f784d.png

そして・・・大好きなオオサンショウウオのぬいぐるみ
高かったけど買っちゃいました。

moblog_5a2afbfc.png

この顔つき、この身体つき、この手の指。
何ともいえず原始的で、好きなんですよね~
このぬいぐるみ、1mほどもあって、
昨晩はしっかり抱っこして寝ましただ~

う・・・ん
多分、二度と行かないと思います・・・
わたしは単細胞脳なので、やっぱり壮大な海遊館派かな・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
こんなもん・・・
- 2015/02/24(Tue) -
今日は病院。
RI検査。
核医学検査(シンチグラム)というものらしい。
腫瘍細胞に集まる放射性物質を体に注射し、
腫瘍胞が存在する場所を特定する検査で、
主に遠い臓器への
腫瘍の転移(遠隔転移)を調べるのに用いられるとか。

昨年9月以来、実にいっぱい検査してきたなぁ・・・
・・・これは初めてだけど。

3月11日は、再度、生検を受ける。
様々な画像検査を行っても、
腫瘍の組織型(性質)まではわからない。
で、直接腫瘍細胞を採取する「針生検」
という検査をするわけなんだけど、
それも2回目。
今の先生の意向で、やり直し、だそうだ。

エコーで見ながら針を刺して
腫瘍内の細胞を吸引して採取し
病理(顕微鏡)検査で組織型を調べなおす訳だ。
首に注射針を刺すなんて結構恐ろしげだが、
ま、普通の注射と変わらない・・・つもりで・・・

昨年9月の時点では良性との結論が出ていたが、
もう一度となると、やはり怖い・・・
良性と出るか、悪性と出るか・・・
これでどんな性質の腫瘍細胞なのかを再度確認して
治療方針を決定することにした。

3月17日に追加の診察を予約し
今回の2つの検査結果も踏まえたうえで
手術か経過観察か結論を出す。

悪性なら即手術。
良性なら・・・経過観察に変更して
診察継続をお願いしようと思っている・・・

ハア・・・
長引いてるよな・・・
病名不明から始まって、病院3軒、医者4名
やっと結論が出せそうだ。

ま、こんなもんなんでしょ、今の医学は・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あれれ~?
- 2015/02/25(Wed) -
どうやら何等かの障害が起きている様で、
新しい記事が書けないわ~(´°_°`)
で、スマホから更新してます。

ま、昨日は病院で無事検査終了。
約50分の長い検査でした。
えっ?ええ、
怖かったけど、全く無痛の検査でした
ε-(´∀`*)ホッ

で、今日は実家で姉とケアマネと会う予定。

母のこと、姉は施設に入れたいんだって。
まだまだうんと軽度なんだけどなぁ~( .. )

揉める事が、何しろ嫌なんだって…

家族&家庭に揉め事ばかりだったわたしには、
分からないなぁ…
私なんて、家族は揉めてナンボ、
そう思ってる気がしないでもない…(笑)

自分が引き取らない限り、
なんも言えない立場だよなぁ…( .. )
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2015/02/26(Thu) -
午後、実家へ行く。

いいお天気~

moblog_097eeeba.png

電話で話していると、
姉はどうなっちゃったんだろうと思うほど
残酷なことや、冷酷なことを言うけれど、
会って話すとまあまあ普通の人(笑)

介護がどんなに大変か、自分がどんなにしんどいか
私に分って欲しくて、
ついつい話を盛ってしまうのだと思う。
どんな話も
「うん、うん、大変だよね・・・」
そう受け入れて聞くようにしてきて本当によかった
第3者が分かったようなことを言うことほど、
介護当事者にとって残酷なことはない。
話が矛盾していても、冷酷に思えても
指摘したり、説教したりなんて
絶対してはいけないのだ。
姉が心を閉ざしてしまったら何のサポートもできなくなる。
それこそ悲劇だ・・・

昨日は母のいないところで
ケアマネと話してみることを勧めた。
正直な実情を話すと
どうしても母の悪口を言っているみたいになってしまって
私も姉も気が重く、つい口を閉ざしてしまうためだ。

ケアマネと母と姉と私と、約40分。
ケアマネに早めに帰ってもらって、
姉は買い物に行くふりをして、
家の外で姉とケアマネで話してもらった。
私は残って母の話し相手をして・・・

母と4人の話し合いでは、
点数がまだまだ残っているので
デイケアを週2日半から4日に増やすことを
母に納得してもらう。
家にいると、1日中寝ているだけなのだ。
とは言っても、そんな話し合いはすぐに忘れてしまうんだけど・・・

姉とケアマネの話し合いでは、
介護度数の見直しをお願いした。
姉は
「要介護度2になったら施設に入ってもらう」
そう言っていたが、
昨日の姉の様子では、まだ先に延ばす余地がありそうに思えた。

愚痴を吐き出させてあげること。
どんな話を聞かされても、その奥にある本心を見誤らないこと。
姉の身になって常に労ってあげること。
電話だけでなく、邪魔にならない程度に実家に顔を出すこと。
施設見学に同行して、いざという時の備えを進めることで
姉の気持ちが軽くなるようにすること。

今の私にも出来そうなこと、は、そんなところかなぁ・・・

お母ちゃん、どんどん子どもみたいになっちゃって・・・
姉はそんな母がどうしても受け入れられないようだった。
あのふたり、しっかり親子して生きて来たんだな、そう思った。
私は、とうの昔に娘ではなくなっている・・・
母は母ではなくなっている・・・

昨日もしみじみそう実感した・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
感謝・・・
- 2015/02/27(Fri) -
あ~ちゃん、可愛いなぁ~



昨日は雨の1日・・・
家の中で癒されて過ごしました。

水族館へ行ったり、検査があったり、実家へ出向いたり・・・
そんなこんなで、結構疲れが溜まっていたようです。
昨日のような、これといってすることのない静かな1日は
ジーンと温かいものが身体に沁みこんでくるような
落ち着きと安らぎを与えてくれました

あ~ちゃんも、雨なので外遊びははなから諦めていたのか
1日中寝ていましたよ

「喪われてみて初めて、
 当たり前の生活が何より幸せなんだと気付いた・・・」
自然災害や事故・事件などに遭われた方々は、
皆さん、口を揃えてそう仰います。

本当に、こんな芯からの安らぎは、
求めずして与えられた
かけがえのない宝物なんだと思います。

ああ、ホントに感謝・感謝です・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |