FC2ブログ
2020 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2020 03
成り合ひ
- 2011/08/17(Wed) -
16日で盆休みが終わり、家の中は静か・・・
昼間、いつものようにひとりの時間を過ごしていると、とてもホッとする
今年は娘が帰ってきたこと以外は、これといってなにもせずに過ごしたのに、
気がつくとやたらと疲れていた(笑)
家族が1日中家にいるということは、私にとっての非日常。
ひとりの時間が日常なんだなあ、としみじみ思う。

17日、朝起きると右目が痛くて目が開けられない
原因不明、まったく思い当たるふしがない・・・
仕方なく、朝から病院へ行くことにした。
精神科でかかっている病院にも眼科があったので、近くて手っ取り早いと思いそこへ行く。
待合室で診察を待っていると、1年半もお世話になった臨床心理士の先生が、ヒョィと顔を覗かせた。
私をご覧になってニコニコされている
「あっ、先生今日は眼科で来たんです」
まだ、減薬は継続中だが、最近は5週間に1度、薬をもらいに行くだけなので、
先生にはなかなかお会いできなかった。
昨年末、感謝の思いをこめて近況報告の長いお手紙を出したのだが、
それ以後のことは何も伝える機会がなかった。

あれーーー先生、両方松葉杖をついている
「先生、どうされたんですか
「いやあ、ちょっと事故に遭って・・・」
「ええーーー大丈夫ですかーーー
「いやあ、たいしたことないので・・・」
照れたようにそう言うと、先生は去っていかれた。

懐かしい・・・そんな思いでいっぱいになった・・・
「そうだ先生に、今回の公演と10月公演のパンフレットを差し上げよう
急にそう思い立った。
封筒に入れて、病院の受付にお願いして渡していただこう・・・
ありがとう先生・・・
私、こんなに元気になって、青春の夢を実現させて、今、最高に楽しんで生きています
そんな思いを伝えたい・・・そう思った。

目のほうは、眼球にごく微かな傷が入っているだけで、目薬をいただくだけの軽いものだった。
「緑内障もないし、よく見えるいい目ですよ」そうお褒めの言葉を頂く
てへっ そんな一言でも、この歳になるとやたら嬉しい(笑)

ウキウキするような気分で家に帰ると、玄関先の私が植えた樹に、なんと蝉の抜け殻が

moblog_1d41a2ea.jpg

7年前、この樹の下の地中に産卵されて、そして今年、飛び立ったのだ・・・
7年前、というと・・・ここに越して来てまだ1年も経たない頃、
30cmにもならないこの樹を、難儀して軒下から掘り起こし植えかえた頃、
そうか、もう君はその頃からここにいたのか・・・
そして、おそらくは今、この世のものじゃあなくなっているのだろうね・・・

小さな小さなあの幼木は、今では2階の私の部屋の窓を追い越さんばかりに大きく生長した
昨年、初めて花が咲き、小粒の葡萄のような紫色の実を鈴生りに実らせた
そこには十数羽の雀たちが集まり、羽を休めては実を啄ばみ、姦しく鳴いている
そして、とうとう君の番がやって来て、無事、思いを遂げて飛び立ったのか・・・
7年という歳月の、自然の成り合ひ・・・
私という人間の、7年の成り合ひ・・・
生きるということは、そういうことだったのかもしれない・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<依存性 | メイン | ピンク色の新しい皮膚>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://imago.blog64.fc2.com/tb.php/2235-d4f7171c
- 改善率90%以上の緑内障改善法とは? -
「失明したくない」「眼圧が下がらない」と緑内障でお悩みではありませんか?実は鐔ぜ蟒僂簗瑤僕蠅襪海箸覆?估眈磴魏韻垢詈,?△蠅泙后 …
2011/08/21 08:09  緑内障でお悩みのあなたへ・・ ▲ top

| メイン |