FC2ブログ
2020 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 05
着々と・・・
- 2017/02/13(Mon) -
昨日の日曜日、
先月23日に28歳の誕生日を迎えた娘の、
結婚相手が正式な挨拶に来られた。
私は約1年前に既に彼に会っていたが、そのことは内緒のまま
夫、次男とともに彼を迎え入れた。

夫や息子には1年かけてやんわりやんわりと根回しをして、
破談になるような吃驚な言動には決して出ないよう
慎重に予防線を張ってきた。

というのも、娘が付き合い始めて間もないころに、夫が急に、
「住所を教えろ!一言言わないと気が済まない!」
などと悩乱したように喚いたことがあったのだ。
そ、まるで酒乱の時の夫の様に・・・
お酒をやめて、そろそろ10年になろうとしているが
基本的な性質というものはいつまでも残っているものなのだろう。

夫は、酒乱の時もそうだったが
「馬鹿にされてたまるか!」との、
長い人生で蓄積された悔しさのマグマが
突然何の根拠もなく噴出してくる、
そこが悩乱するポイントのようなのだ。

だから、この1年、決して油断はできなかった。
丁寧に丁寧に、すんなり夫が受け入れられるようにと
自分なりに慎重に心を配ってきたつもりだった。

そして・・・
昨日の夫はもう立派な好々爺のよう。
いつもは押し黙って石のように座っていることが多い息子も
昨日は気さくに話に入ってくれて
和やかに穏やかに
初の顔合わせを終えることができた・・・ε-(´∀`*)ホッ

いよいよ再来週の日曜日は
娘が相手方の家にご挨拶に伺う。

そんなこと、私はしたこともないので、
なんのアドバイスもできないけれど、
ありのままのあの子で十分だと思う。

のんびり屋さんで、ミスの多い迂闊者、
その分気質は穏やかで、争い事は自分からは起こさない。
彼ともこの3年間、
喧嘩らしい喧嘩は殆どしたことがないらしいから、
私とは正反対なのかもしれないな・・・(笑)

年も明けて、我が家は今、着々と結婚に向かって進行中なのだ。

ただし、結婚式はまだお金が貯まっていないとかで
1年後くらいになるとか。
友人や会社の人や親せきや
結構な人数を招待してやりたいらしい。

もったいないなあ~、阿保やなあ~
・・・ま、色々思うことはあるけれど
そんなんも、あんなんも、こんなんも、
何でもありの時代なんだろうし、
お金も出さないし口も出さないで、
ふたりの好きにすればいいと思っている。

寂しさは、今のところ、ほんの少し。
愛着障害の私としては、ありえない平常心で
娘の結婚を受け入れているのだ。

あ~、よかった・・・
私まで悩乱していたら、
一体どうなっていたことやら・・・(笑)

順調にことが進みますように・・・
今はその思いだけの母です。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<雛祭り | メイン | 母娘>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://imago.blog64.fc2.com/tb.php/3105-07b4bedb
| メイン |