FC2ブログ
2020 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 07
阿闍世・コンプレックを考える①
- 2007/12/20(Thu) -
「罪悪感、無意識的罪悪感とは
 自己の存在、行為、思考、感情などについて
 自己自身、あるいは他者や社会から容認されないときに生じる
 意識的、無意識的な複合的感情であり、
 不安と一体になって精神病理症状を形成する感情の一つ」

フロイトは、
すべてを自己の責任として認識するという文脈性を持つ
キリスト教的精神の土壌のもとに
人類の普遍的な罪というテーマをギリシャ悲劇に求めました。

これに対して、
あらゆる事象を関係性という文脈において捉える精神文化を持つ日本では
東洋思想の古典である仏典に登場するある王家の物語を素材に
1932年、古澤平作氏が、
フロイトのエディプス・コンプレックス概念に対する
日本人に特有の『阿闍世・コンプレックス』を提唱しました。

エディプス・コンプレックスが
キリスト教倫理に根拠づけられるような父性原理に基づいた4~6歳頃の
「母親・父親・子どもの三者関係の情緒的葛藤と超自我の形成」
を重視したのに対して
阿闍世コンプレックスは
日本人に固有の文化的心性との関連から罪悪感について考察し
日本人の罪の意識の基盤に、仏教的な「懺悔心と許し」があるとして
母性原理に基づいた感情的葛藤=甘えや依存を許しあう二者関係”
について提起された概念だといえます。

その物語とは、古代インドのマガタ国の阿闍世王の悲劇です。
この記事のURL | 阿闍世・コンプレックスを考える | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<阿闍世・コンプレックスを考える② | メイン | ヒメツルソバ>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://imago.blog64.fc2.com/tb.php/389-1e329550
| メイン |